上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.31 飛び立つのだ
ゆるり家の日常 第180幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




みなさま、お疲れ様でございます。
いかがお過ごしですか?

このたび、「ゆるり家の日常」は「おしゃべり会」から独立し、ゆるりの個人ブログとして再出発することとなりました。


思えば、ブログ隊長を仰せつかったものの、出発してまもなく、義父は誤嚥性肺炎にて入院し、いつのまにやら、レビー症状も落ち着いてしまいました。

個人ブログのように書いていいよと、優しく言われたけれど、レビー小体型認知症というキーワードでいらしてくださる皆様に、お渡しできる情報が少なく、心苦しく感じておりました。


そんな折、bossから、新しい形の「おしゃべり会ブログ」をスタートさせようと思うと相談され、独立を決意いたしました。

しかし、今までの180幕にもなる「ゆるり家の日常」は、「カテゴリ」がいろいろで、通し番号もあるので、「おしゃべり会ブログ」にそのまま保存されます。


私の個人ブログは、まだ準備中ですので、スタートいたしましたら、この「おしゃべり会」にて、紹介させていただきたく思います。

「新・ゆるり家の日常」もよろしくお願いいたします。


「新・おしゃべり会ブログ」については、後日bossから、報告がありますので、お待ちください。


これからも、引き続き訪問してくださると嬉しいです。

今までありがとうございました。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ゆるり家の日常 第177幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




まだまだ地震の心理的後遺症がある、ゆるりです。

あっ身体的にも。
お義父さんを引き上げたことにより、腰を痛めました。
そして、腕も足も筋肉痛です。神経痛も復活。
ヨロヨロしています。

*******

お義父さんが、またしても微熱だしています。
元気なんだけど、汗びっしょりで…。


金曜の夕方、車での待機中から、痰がからんでいて、イヤ~な感じの咳をしていた。
車の中で吸引をしていたけれど、やっぱり落ち着かない。

そんなことも、家に帰ろうと決意した理由の一つ。


でも、お義父さんの熱は肺炎ではなさそう…たぶんね。

昨日の朝方には、咳もおさまり、熱も無く、穏やかだったのに、昼頃微熱がでた。
ワシャワシャよく喋っていたし、手もよく動かしていたから、大丈夫そうだけど、汗びっしょりだった。

でも、どちらかというとせん妄状態かな。
なんだか興奮していた。
たぶん、地震のニュースのせいだと思った。


熱は37.5よりは上がらない。
サチュレーションは95~98をキープ。
痰は時々…かな。多くはない。
話している声を聞いても、からんだ感じはない。


いつもの微熱だろうけど…。

実は土曜からショートの予定だった。
行けなくはなかったけど、余震が続いていたし、やっぱり心配だから、キャンセルした。

なのに、微熱!

まあね、呼び出されることを考えたら、キャンセルして正解だったんだろうけど。


エレベーターは復旧し、ダンナも昨日の午後に帰宅。

実はダンナからの連絡は一晩中なく、土曜の朝、メールが届いた。

無事と思ってはいたけど、案の定、一晩中仕事だったという。
昼には交代の人がくるから、帰宅できるだろうという内容だった。


そして午後に無事帰宅。

顔を見て安心して、涙がでた。



お義父さんの熱も夜には下がった。
汗はかいてるけど…。

ご機嫌が良くて、大きな声で何かと喋っている。

「誰と喋っているの?」

って聞いてみたら、

「おしえない」

だって。

しっかりしてる?じゃん。


********


日曜はいい天気で暖かくなるらしい…。

被災地の方々の気持ちが少しでも明るくなってくれたらいいなと思う。
救助も進むだろう。

原発という爆弾の心配もあるけれど、日はまた昇るのだ。
どんな状況であれ、前をみてすすまないとと思う。

まだ、そんな気持ちにはなれないだろうけど、頑張っていただきたい。
どうか、体調を崩されませんように…。

そして、二次災害が起こりませんように、救助の方々にもエールを送ります。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




微々たるものかもしれないけれど、節電から協力しようと思います。
2011.03.12 太平洋沖地震
ゆるり家の日常 第176幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




みなさま、大丈夫でしょうか?
大事な方々もご無事ですか?


被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

何より津波がすごいことになっていて、流されている家や車をテレビで見ながら、中に人がいませんようにと、祈っています。


次から次へ、被害がわかってきて、余震も多いですし、私も敏感になっていますから、心臓がドクドクします。

我が家の方面は震度5強だったらしいです。
マンションなので、横揺れが大きかったように思います。

しかし、幸いにも、我が家の被害は台所の調味料の棚が倒れ、下にあった急須が割れ、コーヒーカップが少し欠けたくらい。

リビングの本棚等が崩れるようなことはなく、何よりライフラインに影響がなかったのは、助かりました。


*******


昨日のあの時、お義父さんは、デイでお出かけの最中で、公園の中の建物にいたそうです。

昨日は昼食当番だったので、私はデイに顔をだしており、公園に行くのを見送ってから帰宅したので、義父はまだ外にいる時間だから大丈夫と、心配していませんでした。

職員のKさんによると、すぐに外に誘導され、みなさんパニックになることもなく、無事お帰りになったそう。

施設に帰ったら、停電していたけれど、それもみなさん過剰に気にする風でもなく、助かりましたとのこと。

「電話がつながらないのは困りました」

いつもの時間より、ちょっと遅めに送られてきました。


お義父さんも無事でしたが…。


実は、マンションのライフラインには、影響はなかったものの、エレベーターが止まっていました。

さて、どうしたものか…と、地震後しばらく考えていましたが、どうしようもありません。

緊急性もないので、たぶん復旧は明日以降だろうなと考えました。

我が家近郊の避難所となる小学校も、見にいってきましたが、避難所として開放はされていませんでした。

歩けない、足を10cmもあげられないお義父さんを抱えて、5階までは無理です。


ダンナが帰宅するまで待つか…。

準備しておいた品々を車に乗せ、そしてお義父さんも車に乗せて、毛布にくるんで待機…。

実はうちのダンナさんは、こういうとき、家に帰れない仕事をしています。

車で一晩か~。

あれやこれやの考えが頭をめぐります。


そして、2時間強たち、今後どうなるかはわからないけれど、このまま一晩というのは相当キツイと、意を決して、外にでました。

「お義父さん、相当大変だけど、頑張ってください」


そうして、マンションの階段をズリズリと引き上げ始め、10段くらい上がった時、マンションの方が助けに来てくれ、4人で5階まで無事にあげることができました。


ご近所の助けがこれほど嬉しいものとは!!!

ありがとうございました!!!


ということで、(私はよく眠れなかったけど)お義父さんは暖かい布団の中で眠ることができました。

ほんと、よかった。


******


不明の方の無事を心より願っています。
救助が的確にスピーディーに行われますように。

そして、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ゆるり家の日常のヒトコマ

ゆるりです。

ほんの数行、日々あったことをつづります。
ブログ版「ゆるゆるつれづれ」かな。
先に謝ります。個人的で誠にすみません。





なんだか不機嫌ちゃんのお義父さん。

何をするにでもブツブツ文句・拒否。

久しぶりにイラッとしまして…。


ブツブツいう傍から、

「ナニ言ってるかジェンジェンわかりませ~ん

っていじわるしちゃった。


実際ナニいってるかわかんないんだけどさ。


で、しばらくして、おとなしくなったので、

「ご機嫌はなおったのかな?」

って、可愛く聞いたら、


「…わかりませ~ん


…あっ可愛くない





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
2011.03.09 担当者会議
ゆるり家の日常 第175幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




昨日、担当者会議がありました。

ケアマネと、デイの責任者Kさんと義妹が、訪問医の来る時間に合わせて来て下さいました。
福祉用具のSさんも来るかと思いましたが(前回は来た)、ケアマネが連絡しなかったそう。
聞きたいことあったのに残念。


バイタルチェック等いつもの作業をされたあと、先生と看護師さんに10分ほどお付き合いいただきました。

デイのKさんが前回のジョクソウもどきの話をされ、今後の予防について質問・確認してくださいました。


車いすに座っているのが通常だけれど、ソファに座っていただく方がいいのか?車いすクッションは、もっと圧力分散型のものがいいのかなど。

(ほら~Sさん来てもらった方が良かったジャン)


そりゃ、場所はどこでも、移乗行為自体も圧力分散になるので、した方がいいねなどと話しましたが、先生も今回のジョクソウもどきはアクシデントというとらえ方。

私もね。

もちろん気をつけるのに、こしたことはないけれど、ここのところ覚醒度が高いから、モゾモゾと自分で動いている。

デイから帰宅したあと、お尻をみても、赤くなってることほとんどないよ。

あんまり動かない時に、気にしてもらえたら、まだ大丈夫な気がするけど。

でも、Kさんの配慮は嬉しいです。お願いいたします。


あと、新薬の話を少しして、訪問医チームは退出。


その後、実があるんだかないんだかの話をして、ケアマネ退出。

その後はKさんと、デイの家族会のあり方やデイでの過ごし方などの話をして、移乗行為についてお願いごとをしました。


実は以前から気になっていた、車いすから車への移乗方法。
ズボンを両手でわしづかみして、立たせている。
職員さんもお義父さんも大変そう…。

お義父さんは左足なら多少は立てる。
もちろん補助ありだけど。

この筋力は残していただきたいので、左足を利用した立たせ方をお願いした。

で、私の方法をやって見せた。

ひょいっと(イメージ)立たせる。

慣れもあるけど、できればこうしてほしいとお願いする。

より安全にというのはわかるけど、覚醒しているときだけでもね。


こんなこと家族の方がいいだしたらキリないと思うけど、Kさんは快く了解してくれた。

Kさん自身が納得して、体得してくださってからみなさんへとつけたした。



その他、調子に乗っていろいろいっちゃったこと、あとで余計だったかな?と反省もしたけどね。

今までで一番会議らしい「担当者会議」だったな。

みなさん、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。