上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きときと組1月の定例会

halです。

今回もまりんすけさんは京都、Mさんも都合つかずに私ひとりの定例会でした。

しかもまたもや吹雪、イオンへたどり着くまで必死で車の運転をしていました。
この日もQueen なんぞ聞きながら、本当にスリップしそうでした。



さて、この間、まりんすけさんのお母様は順調にデイとショートを利用されて
います。うれしいですね。

Mさんのお母様も病院をかわりました。
パーキンソン症状が落ち着かれたとお聞きし、本当に安心しました。
2月の定例会ではみなさんにお会いしたいですね。

私の母は幻視と妄想の日々で、ちょっと調子が悪いのですがここが頑張りどきです。



さて母の通院する病院では総合受付と外来受付2か所にきときと組のポスターの
掲示(なんとレビー小体型認知症の治験の案内の横に貼ってありました)、外来
受付にはゆるりん通信のファイルを設置くださっております。


先日、副院長に廊下で遭遇。会員が3人になったと報告すると、喜んでください
ました。
いやなんか、すごくご支援くださっているじゃないですか。
また、母の主治医は「認知症 家族を救う治療革命」を医局に置いとくよとおっ
しゃっていました。

石川県の認知症治療も変わっていくような予感がします。



私の住む町の広報誌に、きときと組の紹介と河野先生のレビーの診断基準が、
今後掲載される予定です。
地域包括支援センターの方が原稿を作ってくださいました。



何とか会員を増やしたいですね。
今回もイオンのフードコートにいると、隣には先月と同じシニアグループが宴会を
していて、もう顔見知りになりそうです。
来月はビールを勧められそうです。



2月の石川きときと組の定例会

日時:2月27日 13:00-15:00

場所:かほくイオンフードコート2階

問い合わせ kitokitogumi☆gmail.com (☆を@に変えてください)
 
 


追伸:

今月の掲載は無理かと思っておりましたが、

石川県羽咋郡宝達志水町 広報誌に認知症の記事が掲載されました。

P.7に河野先生のレビー診断基準(毎日新聞より)が載っております。

きときと組の宣伝ものっています。スペースの関係か、正式名称がカットされて
いましたが。


http://www.hodatsushimizu.jp/webapps/open_imgs/info//0000000002_0000008033.pdf





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
☆ 石川きときと組 おしゃべり会報告 ☆

halです。
11月28日は石川きときと組の第2回の定例会でした。
今回はまりんすけさんが都合で参加できませんでしたが、
新しいメンバーが増えました。
kuririn さんのブログをご覧になってきときと組にコンタクトを
とってくださったMさん親子。
お母様ご本人がレビー患者だそうで、娘さんが介護にあたっていらっしゃいます。
大変お母様思いのMさんは常にお母様をいたわっていらっしゃいました。

実はMさん親子はかかりつけの心療内科医から前触れもなく、
お母さまご本人の前で、いきなりレビーの告知を受け、
そのためにお母様は外出もまったくできないくらいに落ち込まれてしまったそうです。

お話の中で、レビー特有の症状などのご説明と、私の母の幻視についても少しお話ししました。
幻視に対する環境整備や対応についてもお話させていただきました。
Mさんのお母様は帰りがけに、笑顔で、大事にされている伊勢神宮のお守りを見せながら、
いつか伊勢参りをしたいとおっしゃっていました。

きときと組を作った事で、多くの方がレビーの症状を知り、
少しでもお役に立てればうれしく思います。
次回、またMさんたちにお会いできたらうれしいです。
その時までに少しでも治療に進展があることを祈ります。




きときと組 12月定例会
日時:12月26日(月) 13:00-15:00
問い合わせ kitokitogumi☆gmail.com  (☆を変えてください)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。