上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石川きときと組
halさんからの嬉しいお便りが届きました。

2011年10月31日(月)は『きときと組』の初おしゃべり会

まりんすけさんとhalは認知症を学ぶ会の掲示板で知り合い、
お互いの母親が同じ病院に通うことを知り、今日にいたるまでの
3週間近くの間、毎日メールをやりとりし、
そしてついにおしゃべり会が実現しました。

会うなり、弾丸のごとく4時間ぶっつづけで話しまくり、
後3日間話しても話しきれないほどの盛り上がり。
初めて会うのに阿吽の呼吸。

お互いの母親もピックよりのレビー。
歩けるし、嚥下障害も無く、元気で落ち着きのないタイプ。
症状も介護者へのこだわり、日内変動に伴う気分のむらが強く不穏が起きる、
味覚障害、介護拒否など共通点がいっぱいです。
“なんで朝起き立ては機嫌が良いのに、しばらくすると不機嫌になるんやろー”
”落ち着きがなく外出したがってばかり。車に乗ったとたんに機嫌がよくなるのはなぜ?“
”介護者はお風呂やテレビも落ち着いて見られず全くの自由なし“。

話題は、普段の対応から薬物について、抑肝散、フェルガード、抗精神病薬に
ついての反応など、話すことが多すぎて本当に時間が足りませんでした。
これは同じ症状を持つ人じゃないと全く理解できない悩みです。
涙しながら笑いながら、でも楽しかった~

ところで、私たちの母親には味覚障害がでていましたが、
kuririnさんご推奨のぺムノンで驚くくらい改善され、普通のものが
食べられるようになりました。
長いあいだ食事で苦労していたので信じられないです。
ご紹介下さり、本当にありがとうございました。

まりんすけさん感想:
halさんとは実に不思議なご縁を感じます。
あらためて今日のおしゃべり会で、同じ介護者の立場の方と話すことが
こんなにも大きな力を与えてくれるものかと感動しました。

kuririnさん、東京ゆるゆる組の皆さんにも支えていただき
本当に感謝でいっぱいです。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

私のように行き場の無い辛さの中で一人悩んでいる介護家族の方へ

レビー小体型認知症に関する情報はまだまだ不足しています。
同じレビーの介護家族でなければ知りえない情報はたくさんあり
目からウロコが落ちるような話もいっぱい出ました。

同じ立場だからこそわかり合えるおしゃべり会は単なるリフレッシュにとどまらず、
新しい情報や知識を共有する貴重な場所だとあらためて感じました。

あっという間の4時間。でもその余韻は当分続きそうです。』


halmari.jpg



次回の石川きときと組おしゃべり会:
日時:2011年11月28日(月)13:00-15:00
問い合せ kitokitogumi☆gmail.com





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




石川きときと組初おしゃべり会おめでとうございます!

また味覚障害は亜鉛不足からということですが、
ペムノンも注意を良く読んで、
腎機能に問題がある方、
心配な方は医師に相談してください。

boss





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。