上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第114幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




インフルエンザの季節が近づいてきましたな~
私は昨年は新型インフルエンザパニックだったから、季節型インフルエンザの予防接種も受けられなかった。
毎年会社で希望者一斉接種だったのに、昨年はワクチン不足だからなのか実施されなかったから。

そういえば、お義父さんも、昨年はタイミングがあわなかったので新型は受けられず(老人は大丈夫という話もあったね)、また季節型インフルエンザ予防接種は病院まで受けにいったのに、ハッキリした拒否の言葉により、断念したな~(過去記事はこちら

この間、訪問医からインフルエンザ予防接種のご案内をいただいた。
もちろん予約したけど、今年のワクチンは季節性と新型両方に効くんだって。
だから、1回の接種(希望者は2回)で済むそうだ。
地域によってはなのかなもしれないけど、65歳以上の方には予診票というのが届くので、それを記入して病院に持っていって接種らしい。

らしいというのは、昨年の記憶がないから。
独居の頃はあったな~あれ?
供給量も確保できているから、今年は慌てなくていいみたい。
でも、早めにやったほうがいいよね。

病院によっては、予約受付があるので確認されたし。

さらに肺炎球菌ワクチンもお願いした。
実はまだやっていなかったから。
人におススメしておきながら、お義父さんにはやっていなかったのさ。
いいかげ~ん
インフルエンザ予防接種と肺炎球菌ワクチン接種は2週間あけばいいんだって。


そういえば、この間ある方からこんな質問がありました。
「肺炎球菌ワクチンを接種すると、誤嚥性肺炎にも効果があるのか」というもの。
答えは「ない」です。

簡単にいうと俗に言う肺炎は肺に細菌が入って炎症をおこすもの。
誤嚥性は肺に異物が入って炎症をおこすもの。
高齢になると肺炎球菌のいう細菌で肺炎になりやすいという。
肺炎になる原因が違うので、肺炎球菌ワクチンは誤嚥性肺炎には効かないのです。
残念ながら。

ただ、細菌による肺炎を起こせば、体力もなくなり、痰も増えるし、誤嚥の危険性が増すと思うので、そういう意味では効果があるのかな~。
病気が病気を呼ぶってやつ。

ともかく、できるのなら予防接種しておくほうがいいよね。
レビーは過敏だけど、予防接種が駄目(過敏)だったという話はまだ聞いたことがない。
でもあくまで「私は、まだ」だから責任はとれませんので、ご自身で判断を。

介護者や家族も、インフルエンザの予防接種はしておくべき。
金額がちょっと高めだけど。
金額は一律ではないので、お近くの病院の金額を調べてみては?

肺炎球菌ワクチンは自治体によっては助成があるようなので、問い合わせを。


とココまで書いてからインフルエンザ予防接種のお知らせを読んだら、今年は季節性と新型の混合だから、国が接種費用を設定しているんだって。

65歳以上:1500円
13歳以上65歳未満(一般):3600円
1歳以上13歳未満(接種回数は2回):1回3600円


きゃ~高いじゃん!
でもやらねばだよね


参考
肺炎:http://www.haienyobo.com/
インフルエンザ:http://influenza.elan.ne.jp/
肺炎球菌ワクチン:http://www.myclinic.ne.jp/imobile/customer_images/usuiclinic/haien.htm




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村








Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。