上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

千駄ヶ谷認知症セミナー報告の序章。

先日、お出かけになられたみなさま、お疲れ様でした。
雪がたいしたことなくてよかったですね。

今日は暖かいお天気です。

セミナーはいかがでしたか?
私はとても充実した時間を過ごさせていただきました。


セミナーの内容報告はまたの機会にして、今回は軽くプチおしゃべり会報告です。


今回のセミナーにはcabinetさんと、私が参加しましたところ、嬉しい顔がいくつも。
kuririnさんとsistersーaneさんとMariさんと、とりあえずYuさん、それに長男さんにお会いできました!
マツさんもいらしていたそうですが、私はご挨拶できなくて残念。

でもスリブリさんに声をかけていただいて、とっても嬉しかったです。



セミナーが終わったあと、プチおしゃべり会ができました。

参加はkuririnnさんとMariさんと、とりあえずYuさん、cabinetさんと私。
遅れて長男さんが顔をだしてくださいました。
ありがとうございます。

いつものごとく、いろいろな話がでてきましたが、Mariさん、Yuさんはまだまだ症状が安定しておらず、悩みもいろいろです。

そんな中、病院で受けた嫌な言葉や、地域の家族会にでたときに、共感していただけなかった寂しさなどの話がでました。

病院で医師に「なにもできない」といわれるショック。
また、助けを求めて家族会にでても、レビーならではのケアの話をすると、「ごまかして(嘘ついて)かわせばいいのに」といわれてしまい、がっかりしたという。

あるよね~

とみんなで声をそろえてしまいました。

そんな共通した感情を確認しあうだけで、なんとなく安心したりして。
みなさんの状況はそれぞれでも、切れ端の部分で共通項があるので、話すことに身構えなくていいのが、家族会のいいところのはず。

レビーの話ができる誰かがみなさんの近くにいますように願っています。


日にちが過ぎてしまいますが、セミナー報告はまた後日。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村






Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。