上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。
今回は趣向を変えて、私以外の千駄ヶ谷セミナー感想です。


************


こんばんは(^-^*)/

今日は雪の降る、足元の悪い日でしたが、セミナーに参加させていただき、充実した時間を持つことができました。

河野先生のお話しを、直に聞くのは初めてでしたので、ひとつひとつ語られることに大きく頷きながら拝聴させていただきました。

お話しはとても興味深く、ありがたかったのですが、何よりお話しの底に流れる先生の温かな眼差しに、感動いたした次第です。

色々な医者がいますが、人間診る医者って少ない。
河野先生は人間を診てくださっているなと。

大病院の専門医<プライマリケア医
ということは「人間を診る医者であれ。謙虚になれ。」ということでしょう。

そしてそれは、介護者である私たちにも、あてはまることだなと。
人として、その人の人格を尊重しながら接すること。

ん~まだまだだな…。

すみません、まとまりありませんが、今日のセミナーの感想です。
ありがとうございましたm(__)m


sisters-ane♪

**********



みぞれの降る中、認知症セミナーin東京に行ってきました。

京都セミナーのあった11月から2月まで、たった3か月の間なのに、スライド構成がかなり変わり、話の内容はより充実し、かつ、素人の介護家族にもよりいっそうわかりやすくなりました!!
3か月の間をおいての再学習で記憶が強化された結果、よく分かったと感じたのかもしれませんが。


今回、改めて“うまい説明だ!”と自分にしっかりinputできたことは次の二つでした。
(京都でも話されていたことです。)

① アセチールコリン、ドーパミン、セロトニンという主要な3つの
脳内伝達物質の減少と発病閾値
という考え方で、認知症のタイプやうつやパーキンソン病との関係が説明できること。

② レビー治療のジグソーパズル
レビーの症状と対応(幻視、歩行障害、うつ症状、認知機能低下、意識障害、前頭葉機能低下)を6枚のジグソーピースで図示。



母の症状は、この半年ゆっくりと進んでおり、
今は「転びやすい時期」「転倒に注意」の時期です。

劇的な復活は、望むべくもない状態ですし、ジグソーパズルの6ピースのうち、
いろいろな事情で、1枚の対応ピースしか使えてないのがちょっと残念。

メマリーにちょっと期待しています。


おしゃべり会からは、「河野先生の講演は初めて」という方が何人か参加されており、「フレッシュな感覚でのセミナーの感想を聞くのが楽しみ~」と、遠くからいらした介護家族もご一緒に、拡張?おしゃべり会でいっぱい、いっぱいお話したのはモチロンです。

cabinet

*************



参加された方で、このブログを見てくださっている方。
よろしければ感想をメールでおよせください。
できれば15行くらいまでで。

本文として載せていきたいと思います。(若干の編集はさせていただきます)
コメントでも結構です。

しかし、勝手ながら、場合によっては掲載できないこともありますこと、ご了承ください。
募集していながら申し訳ありません。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。