上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

先日、横浜の
「レビー小体型認知症家族を支える会」の交流会に参加してきました。

交流会は通常、参加家族から相談を受け、宮田会長や波多野所長、小阪医師などがアドバイスされるという形式で行なわれます。
基本、毎月第三木曜 17時~18時開催。

詳しくは「レビー小体型認知症家族を支える会」のHPをごらんください。

尚、こちらで報告する内容は、私が走り書きをもとに記事にしておりますことを、ご了承の上お読みください。

※注意:我々のおしゃべり会は、こちらとはまったく別の会です。




大変申し訳ないことに、内容に誤記がありました。
MR法→MT法
金子さん、呼んでくださっている方、および、関係者の方々にお詫び申し上げます。
以下修正いたしました記事です(2月26日)



今回の参加者は少なめで30名くらいでした。

アドバイザーは宮田さんと尾崎さんと長澤さんと小阪医師。

今回は「血圧が安定しない」「下痢をした」という相談から、

「体の調子を整えるのに、何かなさっていらっしゃるかたはいらっしゃいますか」
という問いかけになりました。

それに対し、参加者の金子さんがお答えになったのですが、とても考え、努力され、新しい言葉がありましたので、ご紹介いたします。
(金子さんの了承を得ています)


金子さんは、若年性レビー小体型認知症の旦那様を介護されていらっしゃいます。
だんな様ご本人が良い悪いという判断をはっきりとおっしゃいます。
支える会にはご主人とお二人でご出席なさっています。

主な症状は幻視(自覚あり)ですが、パーキンソニズムも感じられています。
多少話した程度では、認知機能の衰えは、まだ目立ちません。

お薬にあまり頼らず、ケアや生活で症状を和らげること、進行を遅らせることができないか、模索されています。

「私も主人も良いと実感していますが、我が家の場合ですから、どなたにでもというわけではないかもしれません」

と前置きがありまして、お話してくださいました。


わかりやすく箇条書きにさせていただきます。
(  )は補足。


■主食は玄米。  

  (有機?無農薬?)野菜、植物性たんぱく質を意識して多く摂っている。
  食事のバランスを考え、体にいいものを厳選。
  免疫力を高める努力。


■水素水。  
  
  水素カプセルというサプリメントを摂ってから、体の動きが良くなった。
  (パーキンソンの方に効果があるようだと小阪医師)
  パーキンソンの薬を飲むよりも効果があったので、今は薬を飲んでいない。
  (金子さんは社長の若山さんとお知り合いで、飲まれるようになったとか)
  http://www.sante-corp.co.jp/index.html


■MT法  

  自己暗示。潜在能力の活用。
  簡単にいうと、幻視が現れたときに、だんな様自身が「今の無し!」と声に出す。
  目を閉じて、「目を開けたらスッキリ爽やか~」と自己暗示する。(言い聞かす)
  (自己啓発セミナーで、定期的に受講していらっしゃるそうですが、詳しくはお聞きしていません)
  (この方法で幻視が無くなるとまではいかないけれど、気持ちをコントロールできるようになったそうです)
  http://www.imds-4u.com/mt/



いかがでしょうか。
とても簡単にご紹介いたしましたが、気になるワードがでてきました。
興味を持たれましたら、問い合わせなさってはいかがでしょうか。

尚、民間療法にも個人差があるということを納得されてから、お試しになることをおススメいたします。


**********



金子さんはキラリスト応援団として活動されていらっしゃいます。
その一環としてラジオ出演されました。

http://www.youtube.com/watch?v=-daWxBUHNPM

金子さんは、「支える会」に出会って、ご自身のキラキラ感を強くされたようです。
話すことのできる環境が、まさに金子さんを「支えている」のだと思います。

老年と若年と悩む事柄に多少の違いはあれど、笑顔で生活して欲しいという家族の気持ちは一緒ですね。


金子さんとお知り合いになって、「あきらめない」大切さを再認識した私です。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。