上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.01 心機一転
ゆるり家の日常30幕

ゆるりです。

ここのところちょっと忙しくしておりました。
実は3月半ばに、義父が再び誤嚥性肺炎で入院してしまいまして…
退院後すごく調子よくて、いい感じだったのに残念です。

ショートの途中でした。
1日目2日目はすごく調子がよくて、覚醒度も高く食事も半分くらいは自食できていたよう
ですが、3日目に食事を摂らず、ずっと寝ていたそうです。
夕方になり発熱。微熱だったので、施設で一晩様子をみていただきましたが、
4日目になっても調子は戻らず、迎えにいき一旦帰宅させました。
しかし、やはりいつもと様子が違うということで、夕方に救急車を呼んで病院へ。
そのまま入院となりました

今回2回目の入院となり、本当に残念でした。
前回の入院で「胃ろう」をすすめられ、「まだ」と断っていたのですから、判断ミスかと後悔しそうになりました。
しかし、この3ヶ月義父は本当にいい感じで過ごしてきましたし、
「おいしい」といって食事をすることが多かったし、頑張っていました。
胃ろうにしなかったことで、得たものがたくさんあったので後悔はしていませんが、
大切な判断を介護者がしなくてはならないという現実は、これからますます増えてくるでしょう。

我が家では義父が義父らしく過ごすにはというところから、介護を考えています。
それはもしかしたら勘違いかもしれないけれど、それでもそう思うことで
後悔をしない判断であると思っています。


私と義父は義理の間柄なので、「命」にかかわることの判断は実の子供である主人や義妹に
決定してもらっています。
意見はいわせていただいていますが、大事な部分の決定は私にはできません。
幸いにも意見の食い違いでもめたことがなく、また義父の「最期」という話も
意見交換しているので、結果、どういう判断を選んだとしても、義父以外の方には堂々としていられると思います。
義父がどう思うかはやっぱりわかりませんが。

今一番最初に決定すべきは「胃ろう」のことです。
前回はいろいろ調べる前に「まだ」と決定してしまったので、その点は後悔しています
結果として「まだ」を選んでいたとは思いますが、手落ちだったと思います。
今回は「胃ろう」にする予定です。
正直、やっぱり最初はダークなイメージしか持っていませんでしたが、今は前向きにとらえています。
「胃ろうに関して」、「胃ろうというもの」、「胃ろうのある生活」などを義父の場合
と称して、その様子を、またおいおい記事にさせていただいて、皆様にお知らせしたいと
考えています。

義父はICUで4日間、救急病棟で2日過ごして今は一般病棟に移り、
順調に回復しています
笑顔で穏やかに過ごしており、前回よりも元気な入院生活を送っています。
今回は廃用症候群の心配もさほどしていません。



このブログは個人のブログではないと、いろいろとテーマをもって書かせていただいて
いましたが、この間のおしゃべり会で
「もっとゆるりさんの日常を書いて」
といわれ、私ももう少し気楽に義父のことを書いてみたいなと思っていたので、
今後は情報とお知らせと、そして我が家のライブ記事をお届けする予定です。


これからもよろしくお付き合いくださるようお願いいたします。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。