上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.26 うんちょす
ゆるり家の日常 第42幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、時々?書かせていただきます。
軽く読み流してくださいませ





うんちょすの話です。苦手な方はパスしてください。

失敗した。

お義父さんはもともと(発症前から)ひどい便秘で、プルセニド錠とラキソベンとカマで調整していた。
ラキソベン(下剤)を飲んでも、下痢にはならずお腹も痛くならない人だったが、カマのほうが自然かもと使いはじめたら、いい感じになっていた。

毎日とはいわないけれど、カマとヨーグルトで、ほどほどに排便できていた。


で、「胃ろう」後。特に退院後。
退院前日から軟便だったので、しばらく薬は止めてみた。
6日目あたりから、まったく便がでなくなった。
で、カマ投入。最初は一日一包。でない。二包。でない。三包。でない。
三包で2日たってもでないから、とうとう昨日の夕食後にラキソをちょっといれてみた。

昨日のお義父さんは絶好調でご機嫌。
夕食後楽しく過ごしていたが、うつらうつらしてきたので、就寝前のトイレ誘導。
きっちり普通便がでた。

これってラキソででたわけじゃないよね…。

やばい!!!

そうです。
でたのにお腹のなかにはラキソ君が、排便させるべく活動しちゃっているわけで…。


夜中の体位変換にはなんともなかったけど、ときどきお腹がグルグル鳴っていたのでやばいな~と朝一番に確認したら…。

漏れてます。びっちりです

はじめてみました。オムツの中になみなみと、うんちょすが溜まっているのを…。
おもいっきり下痢です。

お義父さんの血圧、体温、顔色、呼吸に異常はなく気持ちよさ気に寝ているので、とりあえず、おしりをキレイにすることを最優先に動きました。

いや~タプタプしています。

固形の物を食べず、下痢になるとこんなにもみごとな液状になるのだと観察しちゃいました。
臭いはあまりないです。
どれくらいないかというと、布団をはがしてもかすかに臭う程度。
おむつを開放しても、まったく「臭くてたまらん」という感情が働かないです。
部屋に臭いが漂いません。
これは助かりました。

まず、ズボンを脱がさないとなりませんが、もうそうとうくたびれたパジャマだったので廃棄を決め、はさみでジョッキン!!

トイレットペーパー大量投入でオムツとおしりを分断させ、おしりを軽く拭いておむつを抜き取り、昨日はいていたリハパン(汚れなし)を開いて差しこみ(再利用)洗浄する。
ちなみに、前のブツはパットにくるまれていたので無事でした。

きれいになったところで、下に敷いていたペットシートと汚れたリハパンを抜き取り、新しいシートを差しこみ、熱いタオルで吹き上げて、ワセリンをヌリヌリ。
肌に異常はありませんでした。

すぐ新しいオムツをつけたいところですが、いつも窮屈な思いをしているのだからと、しばらくはフル○ンでいてもらい、片付けを先に。

見た目はウヒャ~だったけど、軟便の時のほうが綺麗にするのは大変だった。
粘り気があるから、最初にある程度ふき取らないと、洗うのにも抵抗がある。
けど、ふき取れないんだこれが。

日中はリハパン使用なんだけど、下痢が続くようならオムツのほうが始末が簡単。
今日はオムツでいてもらおうときめて、装着。

フ~と一息ついてお義父さんの朝食。水分多目にね。
しかし、この作業の間、ずっと寝ているお義父さんは大物だ。

食事の時目を覚まして二ヘラって笑っているし。
「お腹痛くない?」
「痛くない」
「気持ち悪くない?」
「悪くない」
「むかむかするとか、頭クラクラするとかない?」
「ない」
大丈夫みたい。

今回はなんとも無かったけど、強制的に排便させるのは怖いことだ。
免疫力が落ちているのだから、もっと慎重にやるべきだった。

反省しています
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。