上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第44幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、時々?書かせていただきます。
軽く読み流してくださいませ。





おととい、お義父さん発熱39・2度

嚥下外来にいった以降、ずっと調子よくて予定通りショート(胃ろうOK)にいってもらった。
ショート入所当日も絶好調で、職員にニコニコ挨拶して
「じゃあお泊りよろしくね」
と声をかけると
「おう」
と笑顔で返してきた。

2泊3日。
おとといの帰宅日が入浴日だった。入浴前も元気でバイタル異常なし

義妹が15時過ぎ、面会に行ったら入浴直後だったらしく、ホカホカしていたらしいが、しばらくして様子がおかしいと気付いたらしい。
赤ら顔で元気がない。熱を計ると38.6の高熱だと。
クーリングをするも、熱下がらず。

私が連絡に気付いたのは16時半近く。
外出先で、うかつにも携帯をカバンにいれたままで気付くのが遅かった
17時にはだんなが迎えに行く予定。

だんなと連絡をとり、私は訪問の医師に連絡。
18時過ぎには自宅に来てくれるというので、とにかく連れて帰ってくるようにだんなに頼み私も帰宅
前回入院前の状態よりよく、熱はあるけれど意識はしっかりあると途中連絡。


お義父さんは確かに意識はしっかりしていた。
「ただいま~」
と声をかけると

「おう
と笑顔。ちょっと安心。


帰宅後、熱を計ると38.6。移乗時脱力感はなし。
強い硬直なし。顔に多少の赤み。手足は暖かかいが熱いというほどではない。
しっとり汗をかいていた。咳なし。痰がらみの様子なし。呼吸安定、意識はっきり。
酸素飽和度は90ちょっと安定せず。

着替えさせ、オムツを替えたら丁度、少量の排尿あり。
多少茶色に色づいていてわずかに膿?がみられるも、陰部を痛がる様子や陰頭の赤みはない様子。
OS1を150mg摂取させ、後頭部、脇の下クーリング。

尿路感染?

水分補給し、氷枕をあてたところで、医師到着。
血液検査のため、採取。肺の音は悪くないという。

すぐにどうこうという状態ではないのでと、クラビット(抗生剤)を処方された。
検査の結果は後日だけど、誤嚥性肺炎と尿路感染と半々かな…という診たて。
まめに水分を摂取させて、オムツチェックをするようにいわれました。

どちらにしても処方は変わらないという。
でも、こちらの気持ちが変わるんですけど~。

栄養剤は食していいとのことなので、栄養剤と抗生剤とをいれる。

が、ここで失敗。

クラビットと常用薬であるカマ(酸化マグネシウム)を一緒に摂取させてしまった。
ショート中、排便がなかったとのことなのでいれてしまったが、一緒に摂取すると抗生剤の効果が得られないという。

しまった~

以前、クラビット使用したとき問題なかったから、確認せず飲ませてしまった。
が、そのときはカマ飲んでいなかったのだ。

確認不足。
抗生剤を無駄に体にいれてしまった…


そして2時間後。熱38.2。意識はっきり。

「お義父さん、熱でたんだよ~なんでだろう」

「うん。なんでかな」

「寂しくって熱でたんじゃないの~」

っていったらニヤって笑った。

「そうかもな~

だって。勘弁だよお義父さん

「子供の知恵熱じゃないんだからさ~」

っていったら大笑いした

夜中に少し痰が引けたけれど、白濁でそれ以後は咳もなし。
昨日は熱もさがらず、ずっと寝ていたけれど安眠。2回ほど吸引。


そして、今朝37.1度
意識はっきり。ニコニコ顔がありました。

尿路感染なら水分が大事ときいた。
水分ガンガンいれているので、2時間ごとのオムツチェックのたびに汚しているけど、尿の状態も色も普通になってきた

「胃ろう」になってはじめてよかったと思ったこと。
水分摂取が容易だったの~。
以前に発熱したときは大変だったからね。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。