上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.13 デイ決定!
ゆるり家の日常 第50幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、時々?書かせていただきます。
軽く読み流してくださいませ。





いつのまにやら、「ゆるり家の日常」が「50幕」にもなっていました。
ほとんど、個人ブログ化してきましたね。スミマセン。
もう少し落ち着いたら、一般情報的な内容も書く余裕ができると思います。





やっとデイが決まりました。

本人にあったところを…と語っておきながら胃ろうOK優先で探すことになったのは、いたしかたないことと、大分妥協をすることを覚悟していました。

小規模多機能が近くにあり、胃ろう対応してくれるというので決めかけていたのですが、日数が通いは週2日から。
今、定員いっぱいなので通いを増やすことは数ヶ月難しいとのこと。
お泊りも1ヶ月以上様子をみてから。それも1泊2日からの利用。複数回利用できるけど。
送迎時間も希望にあってはいなかったけれど、それもしかたないかと思いました。

長い目でみたら、今は妥協するしかないかと。
特にお泊りが可能になったら、安定して数回利用というのは魅力。

でも、数ヵ月後数年後のことを考えて、今の生活を我慢や妥協で過ごすのにも疑問はありました。


お義父さんは今まで毎日(週5)デイにいっていたし、とてもよい刺激になっていたようだし、とにかく外で人にあうのが好きなのです。
退院してから、ほぼ私と二人生活で、刺激が少なく生活リズムも崩れがちでした。

正直、車椅子から動けないお義父さんの相手をしているのは疲れますから、眠らないようにと相手していても、眠ってしまえば楽。
なので、どうしてもゆるゆるしすぎる場面もありました。


でもでも、やっとデイが決まりました。

看護師さんがいるのは週1回ということだったので、他のデイと掛け持ちで(他の候補はなかったけど)通えるなら、一応という気持ちで自宅に来ていただきました。
ケアマネさん推薦のところで、一緒にいらっしゃいました。

お話して、私の勘がうずきました。

いけるんじゃないか?

お義父さんへの話しかけや、雰囲気…。
どこがどうというおおきな理由はないのですが、

ここなら!

と感じたのです。

ネックは看護師さんが週1回ということ。
胃ろうもそうですが、状態が変わりやすくなってしまったお義父さんですから、看護師さんがいるにこしたことはありません。
しかし、とにかくは通ってみようと思いました。

そこで提案を。

昼食は、家族が対応してもいいかと

これには、義妹の協力が必要でしたが、私が週1回、義妹が週1回、デイが週1回、あとお義父さんには申し訳ないけれど昼食抜きが週1回で、週4回は通えるのではないかと考えたのです。

デイはOKでした。

面談後、義妹に連絡したところ、

「週2回行くよ。それなら週5通えるでしょう?」

と驚きの言葉。

「でも、毎週毎週のことだよ。大丈夫?」

「多分、大丈夫。負担は分けたほうがいいでしょ?」

と、再び驚きの言葉。

実は義妹はもともと協力的ではあったのですが、消極的でもありました。
私に遠慮してというのがあったのでしょうが、私としてはもう少し積極的にかかわってほしいと密かに思っていたので、この言葉は嬉しかったです。

そんなこんなで体験もさせずに、心中では、ほぼ決めいました。
掛け持ちということも、昼食対応ができなくなってから考えることにしました。

で、今週月曜に体験にいってきました。

そして、昨日契約してまいりましたのです。
まずは、週3日から通います。
詳細は後日。

とにかく、ほっと一息つけそうです。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。