上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第57幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、時々?書かせていただきます。
軽く読み流してくださいませ。





やっちまった

といっても、お義父さんとは関係ない話。

今朝、お義父さんをデイへ送り出して、マンションの管理人のおばちゃんと立ち話。
10分ほど立ち話をして、じゃあねと挨拶してから、自分が手ぶらなのに気付いた。

勘のいい方ならおわかりになるか?


玄関をでて、鍵をかけてエレベーターに乗ったときに、お義父さんの鼻水に気付いた。
お義父さんのバックからティッシュをだして、拭いてエントランスにでてスタッフさんに挨拶をして、バックを渡しお義父さんを見送った…。

そう、鼻を拭くときに鍵をバックの中に置いてしまったのだ。


マンションからデイまで、車で15分くらい…。
歩いたら…1時間半から…2時間?

「ひゃ~

私はノーメイクでヨレヨレTシャツにスエットのズボンにサンダルというなんともだらしない格好。
お金も携帯も持っていないし、もちろん家には誰もいない。
しばし呆然。

仕事がない日だったのが幸いか…。
いやいや、とにかくどうしよう…。

そこに救いの神。管理人のおばちゃん。

自分の携帯をとりだし、とにかくデイに電話してみたらと。
もちろん電話番号なんてわからないから、104利用で。

タクシーで往復するしかないか(お金持ってないけど)と覚悟をきめて電話。

「すみません。鍵を義父のバックにいれてしまって。送迎の車帰っていますか」

「まだですが、連絡してみますね」


管理人のおばちゃんは持ってきてもらいなさいよ~といってたが、持ってきてくださいとはいえないよね。

3分後くらいに電話をいれると、やっぱりもう車は帰っていた。

「すみませ~ん」

「家に入れないんですよね。今から持って行きますから

ありがたいです~。そちらからそう言っていただけると助かります~。

ここは遠慮せずお願いしちゃった。


しばしの時間が過ぎ、無事鍵が届けられましたとさ。


昼食の時間になったので、デイへ。
苦笑いで誤魔化しながらお邪魔してきました。
そして義父の元気な顔をみて帰宅。

うっかりはいつものことだけど、人に迷惑かけちゃ駄目だよね。
反省しま~す。

ご迷惑おかけいたしました。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。