上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.03 お寺さんへ
ゆるり家の日常 第73幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、時々?書かせていただきます。
軽く読み流してくださいませ。





8月1日は盆供でした。
お寺さんへお布施を持って行き、ついでにお墓の掃除。

日曜なので、ダンナに行ってもらうように頼んでいたけど、午前中は雲も多く猛暑というほどでもなかったのと、お義父さんの調子がよく、また退院後の元気な顔を親戚に見せていなかったこともあったので、一緒に行くことにした。

本当は午前中に行ってしまいたかったのだけど、ちょっとばかし寝坊したのと、うんちょすとの戦いがあったもんで、一番気温の高い昼出発になってしまった

お寺に到着し、ご挨拶はダンナにまかせてお義父さんとお墓へ。
生憎と近くに日陰がない。風があるのが幸いだけど。

でも、お義父さんを車に残しておくこともできず、手早く掃除を済ませるべく動く。
座っているだけのお義父さんも汗だくだったけれど、ご機嫌だったからセーフか?

20分ほどで終わらせて、水場に戻って、日影にはいるとひんやり涼しい風が吹いていて、ホッと一息。
お義父さんの手を水で冷やして、額の汗を拭いて、一休み


お寺から親戚の家まで車椅子でも5分ほど。
でも下り坂が長いので、ダンナにまかせて私は車で移動。
なんだって寺は山の上にあることが多いんだ?

親戚はお義父さんのお姉さん2人のおうち。
それぞれ別々に、でも近くに住んでいるので、ぐるっとまわりました。

伯母たちも体調を崩したり、忙しくしていたりで、先月の入院には見舞いにいらっしゃらなかったので、久しぶりです。

嫁としてはドキドキ。

気にしなきゃいいんだろうけど、やっぱりお義父さんの調子が悪いと、ちゃんとケアしていないように思われるのではって思っちゃう。
まったく見栄がないという気持ちでケアしてるといえば嘘になる。

複雑な嫁心

でもお義父さんは好調そのもので、トンチンカンだけどお喋りも多かったし、姿勢もよかったし、笑顔もみせていた。
何より、伯母たちを認識して目をみて話をしていたので心で拍手

伯母たちがお義父さんをみて、

「顔色がいい。表情がいい。まだ私のことがわかるのね」

と喜んでくれたから、連れてきたかいがあった。

10分ほどの時間だったけど、それぞれのお宅の玄関先にお邪魔して帰ってきた。


出発から帰宅まで3時間ほど。
水分補給させてでかけたものの、汗だくで帰宅。
すぐ着替えさせて、寝てしまってもいいようにベッドでの遅い昼食。

お疲れさんでした。

今後のことを考えると、たまには会わせてあげないとだな~と反省もしたりした。


お寺さんで

香林寺にて
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。