上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.10 苦肉の策
ゆるり家の日常 第95幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




お義父さんは今日からショートです。
この間行ったばっかりじゃないの?とお思いの方もいらっしゃるかしら~。
お義父さんは月に2回ショートに行っています。

昨日、デイから帰宅時の報告で、
「よく喋っていらして、冗談もおっしゃって、言葉がはっきりしてきているので、お話がわかるようになりました。本当に嬉しいです
といってくださいました。

ありがたいことです。

が、今日からショートです。
「すごくいい感じでもショートいくと、格段に悪くなることはなくても、言葉が少なくなるのは否めないんですよね~」
そう言うと

「あ~そうでしたね~
と職員さんもちょっぴり残念そう。

お手数おかけしますが、またお喋りお願いします。


タイトルの「苦肉の策」は、前回の胃ろうキャップ事件「怒り心頭」の続き。

病院に早めの交換をお願いしたものの、今ものすごく混んでいて、その程度では緊急とはいえないので、無理ですといわれた。
(ちなみに、諸事情により、胃ろう増設した病院ではない)記事にします。

で、駄目といわれたものの、やっぱり今のままではマズイかなと考えた。
この前のようなことは、二度とあってはならない。

問題はキャップを、失くしてしまうこと。
キャップしてラップをしてというのは、やはり職員さんには一手間だろう。

考えてみた。
キャップが閉まらないとか、緩くて外れやすいとかではない。
ということは、

失くさないようにくっつけちゃえばいいんだ!

そしてこうなった。

キャップに紐

紐は扇子に付いていたもの。
布団針で穴を開けて通してみた。
そして長すぎず、短すぎず調整して…いいんじゃない?

後は紐を引っ張っての開け閉めをしないよう伝えて、入浴時に引っ掛けないよう注意してもらって、除菌シートで拭いてもらうようにすれば、大丈夫と思う。
あと、首からの紐をはずさないようにお願いして…。

とりあえず、あと1ヶ月。これでなんとか繋いでいこう。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。