上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第105幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




金曜はデイ当番。

12時半に伺うと、みなさんはお食事が終わるところ。
お義父さんがいない…お風呂だった。
待っている間に他のみなさんにご挨拶。(以下、名前は仮名)

「こんにちは~ゆるりです~いつもすみません。お邪魔して~」
「あっキヌさん、こんにちわ~」
「ナナさん、食事おいしかったですか~」
「アコさん、今日もお会いできて嬉しいです~」


などとやっていたら、マチさんが手招き。
マチさんは帰宅願望の強い方だけど、気配りの人。笑顔がとってもチャーミングな方。
そのマチさんの側ににしゃがんだら、とびっきりの笑顔で、

「あなた…太ったわね~

といわれました。

「う…わ…ばれました?」

「そうよ~横綱じゃない。りっぱだわ~

「うう~それほどでは~

「あはは駄目よ~頑張んなさいよ~」

そう満面の笑みで、言ってくださりました…。

うう~頑張るのはダイエットと相撲のどちらだろう…。


そして、食事も終わり団欒のひととき…。
私はお義父さんの側を離れて、ソファに座るアコさんの横に…。
アコさんも笑顔がステキなマダム。

「アコさん。眠いんですか?」

「ううん。眠くないわよ

「私は眠いです~」

「ふふ…あなたみたいな方も眠くなるの?」

「私みたいなって?」

「そうね、背も高くって…こう…(手を広げるジェスチャー)」

にもでかい…」

「きゃはっそうそう。にもね…」

…1日に2回も言われてしまった


これはやはり痩せないといけないだろうな。
最近ホントに体が重たくて、腰痛も復活しつつある。
1年で10kg増えたからな~。
私の腰痛は、お義父さんの介助でというよりは、自分の体を支えられなくてなのだと思う。

頑張ったら、褒めてね。お願いマチさん。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。