上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第127幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




さてさて、入院中のお義父さんですが、昨日、救急病棟から一般病棟に移った。
今までの最速だ。
状態がいいってことかな?

意識はしっかりあって、時々笑ったりもしてウニャウニャとなんかいってる。
ただ、ビクンビクンという反応と振戦はまだあって、本人も気になるよう。

サチュレーションが少し下がって、90台前半。
はずされていた酸素マスクを、またつけられたが、100までいかず。

看護士さんいわく、
「体が硬くなっていますし、寝ている体勢は酸素を取り込みにくいです。肺を筋肉が圧迫しているからでしょう」

肺炎を併発ということでもないようだ。
熱がさがったら、筋肉もほぐれてくるのかな?
うにゃ~どうでしょう。


お義父さんは、酸素マスクをつけられてブツブツいってる。

「これが邪魔?」

「うん」

とはっきり。

「残念。これはね、今必要なものなの。取ることはできないんだ。お義父さんは今病気なの。だから我慢して。これはね、新鮮な空気をたくさん吸うためのものだよ。今、お義父さんには新鮮な空気が必要なんだ。元気になるためにね。だから我慢」

お義父さんうなづく。

「熱があるんだ。熱がさがったら、元気になるよ。それまでだからね。我慢できるかな?」

「わかった」

「えらいねお義父さん、すぐよくなるよ。こうして頑張ってるんだもん。お義父さんはホントにえらいな~。我慢もちゃんとできるし。すごいよ。これならすぐ治っちゃうよ」

お義父さん、ニヤって笑ってムニャムニャいった。
たぶん
『調子のいいことばっかりいって』
てな言葉だろうな。


ここで終わらせず、褒め言葉の嵐。

「ホントお義父さんはえらい。自慢のお義父さんだよ」
「みんなが優しくしてくれるでしょ?お義父さんの人徳だね」
「嫌な事もじっと我慢するから評判いいんだ」
「男だよね~りっぱだね~さすがだね~」


お義父さんの表情が緩む。
気のせいか体も柔らかくなって気がする。
数値がよくなる。わずかだけど。

ずっといい気分でいてほしい。
私は言霊を信じてる。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。