上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.06 こどもの国
ゆるり家の日常 第172幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




昨日は思い立って、横浜の「こどもの国」へ3人で出かけた。

「こどもの国」は大きな公園のようなもの。
電動遊具はなくて、牛や羊やポニーがいるところ、梅や桜の林、遊歩道や池でスワンボート、運動場やバーベキュー場、芝生の上でお弁当…などなどがあって、老若男女楽しめるようになっている。
今の時期は梅まつりだそう。

二十年ぶりくらいに行った。

気にはなっていたけど、確か坂が多かったよな~って敬遠していた。
でも、昨日はダンナもいたし、いい機会だから久しぶりに偵察に。



いい天気だったけど、風が冷たくて、思いのほか寒かった。

11時半頃に着いて、早速上り坂…

お義父さんもはっきりしていたし、言葉多く笑っていたから、(ダンナが)気合入れて上る。

ベビーカーの家族が多いから、基本どこの坂も急ではないんだけど、いかんせん大人の車いすは重いのですよ。
さらに外周や点在するスポットにいこうとすると、ちょいと急な坂。

ダンナがいないと無理だな、こりゃ。


こどもの国⑥



そんなことを思いながら、内周を歩く。

「気持ちいいね~」

牛を見てポニーを見て、梅を見て、スワンボートながめて、お昼して、ぐる~っとまわった。


こどもの国⑦ こどもの国⑧牛 こどもの国⑤梅林


こどもの国③ こどもの国⑩ポニー こどもの国②



お義父さんは何かを指差しては喋っていた。

「コレは何?」と聞くと必ずなにやら説明してくれるんだけど、何言ってるかはわからんちんなのだ。
ごめんよ。


でも、遅い昼食を終えたら、その後はお義父さん言葉少なめになった。
ちょうど風も冷たくなってきたので、3時頃に退園。

ダンナもお義父さんも、ちょっとお疲れで帰宅。

舗装があんまり良くなかったから、お尻が心配だったけど、赤くなっていなかったからよかった。


「楽しかった」

ってお義父さんがいったから、頑張った甲斐があったねダンナ。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




結論:「こどもの国」は、一人介助では、なかなか難しいと思った。
    割と楽な道を選べば、行けなくはないけど。
    正直、ちょっとの散歩気分では、駐車場代・入場料が高く感じたかな。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。