上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第20幕

ゆるりです。

今日は我が家のお話。
リラックスして書くので、リラックスしてお読みください。
尚、文体もリラックスいたしますので、
失礼がありましたらスミマセン。

内容は私個人の考え、感想、経験ですので、
参考になるかは???
また、誤りがあったとしても、関係者、
及び、仲間に責任はございません。
いろいろなところ、ご容赦ください。







~な~んでこう続くかな~


先週、義父の左腰骨あたりが
赤く水泡になっているのを発見

最初は擦れによる赤みだろうと思ったけど、
水泡が気になる…。

もしや、ジョクソウ?
寝る時の体位に気をつけてみた。
でも、赤みはとれない。

やばい。

しかし、デイの看護師さんが、かぶれではないかと
おっしゃったので、そうかなとも思った。
リハパンのゴムのところだし…と。


義父自身は、かゆがったり、痛がったりの様子もなく、
気になる感じはないようだ。



でも、なんかおかしい。
全然治まらない。
だんだん範囲が広くなっていく。
赤みも増している気がした。



5日目の夜、リハパンの交換をしていて気づいた。
股上にも水泡ができている。


ありえない!!と思う


寝ていて擦れる場所ではないし、毎朝清拭して、
ほぼ毎日入浴しているのだから、かぶれってことはない。はず…


次の日、皮膚科へ連れて行くことを決心。




で、なんだったか…。
予想していなかった診断。


「帯状疱疹です」


なんですと~




帯状疱疹 (たいじょうほうしん)

水痘(水ぼうそう)・帯状疱疹ウイルスによって発症。
水ぼうそうをやっていても、ウイルスは体中の神経に
潜伏していて、大人になってから再び活性化し、
帯状疱疹となって、あらわれる。

免疫力の低下やストレス、過労などが原因。
神経に沿って帯状に皮膚が赤くなり、その中に小さな水泡が
多発する。後に黒いかさぶたとなる。

2~3週間で治癒するが、後遺症として、
神経痛(帯状疱疹後神経痛)を
残すことがある。

ビリビリした痛み、締め付けるような痛みを伴う。
(最初はかゆみのことも)

体の左右どちらか片側にピリピリとした痛みを感じたり、
水泡が集まって発生したときは、帯状疱疹を疑い、
早めに皮膚科を受診することが必要。

              <実用介護辞典より抜粋・編集>





「え~と、痛がったりしていないんですが」

「そうね、めずらしいけど、痛がらない人もいます。
でも、たいていは、ものすごく痛いです
七転八倒して、ペインクリニックに行く人もいるくらい」


「あ~そうなんですか。じゃあラッキーですね」

「まだ、わからないです。これからあるかも」

「え~

「まあでも早めにきたから、範囲も広くないですし、
このまま治まってくれれば、いいですが、
でも、神経痛が残ることが多いので、
老人だと2~3年かかると思ったほうがいいです」


「そうなんですか…

「一回かかれば、繰り返すことはありませんから」



なら、食事が摂れる様になってきた今、
かかってよかったと思うことにした。



で、治療法。
飲み薬と塗り薬が処方された。
義父の場合は、痛みがないので、痛み止めはなし。


水泡は一週間程度で、治まってきます。
黒くかさぶたのようになります。
はがさないでください。

入浴はしないほうがいいでしょう。できれば、一週間。
でも、清潔にして、薬を塗って、ガーゼをあててください。
一日一回でいいです。

普通に生活していいですよ。痛がっていないし。
安静にしていたほうがいいですが、車椅子生活ですし、
いつもと変わらない生活で、かまわないでしょう。

圧迫は大丈夫です。
痛みがある方にコルセットをつけるくらいですから。
でも、こすらないようにしてください。

水泡の中の水は、水ぼうそうのウイルスですから、
触らないように。感染症ですからね。

飲み薬はちょっと大きい粒を朝晩2錠づつ。
本当はもっと多いんだけど、お年だし、
抵抗力も弱くなっているので、1回2錠でいきましょう」




薬はウイルスを殺す薬と炎症やアレルギーを抑える薬、
胃薬、末梢神経障害を改善する薬(ビタミンB12)と
塗り薬を処方された。


でかい粒は割ってかまわないとのこと。
ホントにでかい。1cmくらいあるんじゃなかろうか。
で、割っている。よっつに。
※ちなみに、義父は薬の過敏はなかったです。


それから、できれば食後だけど、飲ませづらいなら
食前でもかまわないとのこと。
飲むのが大事だからと。


で、夕食後、今までの薬も全部、トロミ水に混ぜちゃって、
うひゃ~な量になっているけど、
義父は文句もいわず、ズルズルと飲んでいる。
一週間の我慢だよ。お義父さん


でも、今回皮膚科の先生は「早くにきた」といってくれたけど、
気付いたのは5日前。
せめて、股上にできる前に皮膚科に連れて行けばよかった。
水泡ができたときに、ちゃんと調べれば、
広がる前に対処できたかも。
ごめんね。お義父さん


でも、帯状疱疹とはね~。
聞いたことはあっても、痛いことぐらいしか知らなかった。
<介護に使えるワンポイント医学知識>にも
載っていなかったしな~。
     あっ<急変時対応マニュアル>には載ってた

でもでも、痛みも訴えられなかったし…。
しかたないよね、お義父さん


でも、痛みがないなんて、なんて運がいいんだろう。
「日頃の行いがいいからさ…って、笑うかな?



今日の状態(薬を飲んで3日目)
痛みはなし。
水泡の広がりもなし。水泡の中の水はなくなってきている。
半分くらい黒いかさぶたになってきている。
赤みはとれない。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。