上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

今日は雑談です。
賛否両論あると思いますが、私個人の考えです。
ゆるりはこう考えるんだな~と思っていただけたらと思います。




別にさ、たいしたことじゃないんだけど、ちょこっと気になることがある。

私は嫁である。
で、メイン介護者なわけ。今更だけど。


以前から介護職員さんに、意外といわれる言葉。

「ご家族様が一番ですね(的な言葉)」

まあさ、‘認めてますよ~’‘頑張っていますね~’って意味だと思うけど、言われすぎると脅迫観念を抱きかねないと思ったり…考えすぎ?

だってさ、‘もうやだ。投げ出したい’って思っているときに、こんなこといわれたらギブアップっていえないかも。

もしも、入所していて、面会にいって言われたら、罪悪感持っちゃうかも。

そんなことを考えていたりする私ですが、他の方は気にならないのかな?
世間の目なんか気にしない!と表面は強気な私ですが、じつわ、チキンハートなのです。



あとね、デイに(昼食のため)通うようになって、言われる言葉。

「昨日、娘(息子)さんがいらしたとき、それはもう嬉しそうでした。お顔を見てニコ~っとされまして、ずっとご機嫌でした~。やっぱりご家族様はわかるのですね~

…いえね、いいんですよ。
素直に嬉しく受け取りますが、ひねくれてとると「ふ~ん」ってな感じになりますよ。

わかります?

今、目の前のお義父さんが笑顔でなかったら、じゃあ私って何?と思いませんか?

いいんです。わかっています。

たまたまだってこと。
職員さんに悪気はなく、逆に私を喜ばせようと言っているってこと。
お義父さんが、私をわかっているってこと。

ただ、‘嫁(他人)より、家族(実子)’という裏の声を勘ぐる言葉ですよね。


逆もありそうです。

義妹が行った時に、

「昨日お嫁さんが来たとき、すごく嬉しそうでした」

もし、そういわれたら、義妹はどう思うのでしょう。
‘実子の自分より、やっぱり毎日看ている嫁のほうが嬉しいんだな…がっかり’などと、ひっかかるものがあるのではないかと心配したりして。


職員さんは、お義父さんの調子のよさや認知機能の保持を伝えたいのでしょうが、微妙な気持ちになるのは確か。

細かいかな?

「やめてください」というほどの言葉でもないので、「はいはい」と聞いているけれど。
職員さんからみれば、嫁も実子も、ご家族様には違いないから、間違ってはいない。
気持ちも嬉しい。

でも、家族に差があるように感じてしまうんだよね。

こんなことを考えるのは、私自身が「嫁」だからかな~。

ひねくれているね。


お義父さんが差をつけているなら、それはいいんだ。
当たり前だから。

でも、職員さんにあらためていわれると、パワーダウンしちゃうかも。
疲れていたら尚更。


そんなことをツラツラ考えていたけれど、果たして自分はどうだろうか?

昔から「一言多い」と言われていた私。
余計なこといって傷つけてきた人は多いのだろうな。

人生、日々反省である。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村





こんなことで職員さんが気をもみませんように。
いうほど気になりませんよ~。
書いちゃったけど。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。