上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第7幕

ゆるりです。

第6幕から時間が空いてしまいました。すみません。


~引き続き、購入編~


○小物いろいろ (100円ショップ)


⑩バケツ (8リットルサイズ)


清拭用。
自宅に一つあったのですが、掃除に使っているやつはさすがに使用をためらわれたので、新しく購入。

8リットルサイズにしました。
もう少し小さくてもいいかなとも思いましたが、底が深くないとタオルをすすいだ時にこぼれちゃうかなと、このサイズに。
大きくなく小さくなく丁度よかったです。

あまり大きくても、邪魔ですしね。
洗面器だと水量が少ないので、熱いお湯がすぐ冷めてしまうから、量の入るバケツの方がいいです。



⑪泡立ちネット (洗顔用)


陰洗用。
看護師さんができれば、用意してくださいと、おっしゃったので。
固形石鹸利用だったので、そのためと、陰部はデリケートなので泡で洗った方がいいということでした。

確かに固形石鹸をネットに、ちょっとこすっただけで、泡になります。
ボディシャンプーの泡タイプなら必要ないのでしょうね。

855.jpg



⑫介護用スプーン (口に入れる部分が樹脂)
⑬介護用おかず皿 (無地・プラ・取っ手付き)


上記二つは失敗でした。
義父にはあいませんでした。
スプーンはやわらかすぎたし、おかず皿は軽くて小さくて、何よりおいしそうにみえなかった。


100円ショップではこんなところです。



~その他購入物~



○食事用エプロン (衣生活ネット花 1980円×2)


以前いった、「介護なんでも文化祭」にて購入。
本当は介護者の入浴介助用。

食事用エプロンを探していました。
紳士用で、エプロンらしくなくて、無地のもの。
「これだ」と思ったら、入浴用のだと知りました。
でも、使い道は自由です。

防水です。
実は前後ろ逆に使用しています。
介護者用なのでポケットが多いから、汚れると面倒なのと、
逆だと首周りも深くなって襟を汚さないので。

サイドはボタンですが、はずしたまま使用しています。
後ろ側は背もたれのところに垂らしています。

マジックテープで留める訳ではないので、義父が引っ張ってもはずれないのも嬉しかったです。


yuki3.jpg






○ワセリン (ボディ用オイルクリーム)


ご存知ワセリンです。
実は名前は知っていましたが、使用したことはありませんでした。
ベタベタしそうだったし。

でも、車椅子生活になり、常におしり肌をしっとり?させておかないとならないと思った時、使用を決めました。

義父には正解だったようです。
今までは、乾燥肌にフェ○ゼァを使用していました。
充分満足できる保湿力でしたが、ワセリンのほうが一日中、しっとりしています。



○ハミングット (口腔ケアグッズ)


柄のついたスポンジです。
割り箸にガーゼを巻いて、似たようなものが作れるようですが、めんどくさがりの私はとりあえず、購入しました。

朝、入れ歯を入れる前や、歯磨きの時間がない時などに使用。



○とろみ剤 (トロメイクSP


某ブロガーKさんおススメ品。
実は近所に売っていなくて、ネットにて購入。

病院で使用していたものとは違いますが、中身の違いは研究していません。
おススメ品だったという理由で、選びました。
満足しています。



~食品いろいろ~



○介護食 (レトルト食品)


料理が苦手な私が義父のためにどこまでできるか…。

できそうもなかったので、とりあえず、レトルトを購入してみました。

QP「やさしい献立」シリーズ


kaigolp_rank_1_1.gif


味はまあまあです。
トロミは調整しました。
悩んだのは、どのレベルか?

「容易に噛める」か「歯茎でつぶせる」か「舌でつぶせる」か…。

で、結局、全部購入して、覚醒度によって使い分けしています。

朝は覚醒していないので、やわらかいもの、トロミが強いもの。
夜は覚醒しているので、咀嚼力を使うもの。


さすがに、毎回レトルトというわけにもいかないので、慣れてくるにしたがって、使用頻度は減っています。

メインは作って、サイドメニューはレトルトとか。
気に入っているのは、かぼちゃと豆の煮物かな。



レトルトといえば、冷凍で介護用のおいしいのがあるらしいです。
我が家は冷凍庫にスペースがなく、あきらめました。

確か旭松食品でした。


○スープの素 (和洋中なんでも)


料理の下手な私は、結局これに頼りました。

コンソメ、コーン、クリーム、カレー、和風、中華なんでもです。
野菜を適当な大きさに切って、蒸す、炒める、焼くなどして、スープで味付け。
しばらく煮込んで、トロミを調整して完成です。

例えば、塩コショウして焼いたものに、野菜のあんかけをかけるのですが、
スープの素であんの味が変わります。
便利です。



○豆乳 (飲みきりサイズ)


ちょっと硬めにトロミをつけて、バナナをいれておやつにしています。
味はいろいろ。
シリアルを砕いていれたりもします。



○インスタント食品 (スープ系)


ヒットだったのが、「簡単おこげ」
おいしいし、量も適当でした。
おこげはざっくりと割って、最初から投入。
もちもち感がありますが、お餅ではないので安心でした。
トロミを調整。

砕くほど割ると、ふにゃった時、不味そうになるので注意。


あと、パスタ入りのトマトスープ。
マカロニは量を減らして、キャベツ投入。
やわらかめにして、トロミを調整。


カップものは、お椀やお皿に移します。




※今は、材料は私達と同じもので、調理の途中で取り分けるようにすることで、後からトロミをつけたり、調整したりもしています。

例えば、この間は照り焼きチキンでしたが、焼いた後、義父の分は削ぎ切りにしたあとしょうゆ味のたれを薄くスープ状にしてトロミをつけてからませました。

見た目が私達とあまり変わらないように注意しています。



※トロミですが、片栗粉だと、時間が立つにつれトロミが弱まります。
義父は食事に時間がかかるので、食事にもトロミ剤を使用しています。

尚、トロミ剤だと、逆に時間が立つと、トロミが多少強くなる気がしますが、問題ない程度だと思います。

飲み物だとちょっと気になるかもしれませんが。




~番外編~

◎腰痛サポーター

種類はいろいろありますが、わたしはダブルネットを使用。
だんぜん違います。
ホントに楽です。
痛める前に予防でも使用されることをおススメします。

しかし、つけっぱなしは逆に自分の筋力を弱めてしまうので、必要時のみ装着したほうがいいそうです。

腰骨を締め付けるようにきつく装着すると、不思議と痛かった腰が楽になりました。


702.jpg








購入編は以上です。
後半はよけいな情報だったかな?と思いつつ…。


食事の形態、品物の感想については、あくまで我が家の場合ですので、ご承知おきください。

お読みいただいてありがとうございました。



さて、次回は連絡・手続き編の予定です。(まだ続くのか?)
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。