上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第102幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。





昨日は鍼灸の日だった。

一昨日の咳は収まり、若干ガラガラ声が残ってはいたけど、まあ大丈夫。
で、お昼近くに鍼灸の先生が来ました。

朝から
「今日は鍼の先生が来るからね」
と伝えてありましたので、先生の顔を見てニヤリ。
「どうも」
だってさ。ちゃんと挨拶して頂戴よ~。

日光浴させようと、車いすを窓際に寄せておいたままだったけど、そのまま水虫のお灸。
いわゆる‘せんねん灸’ってやつ。(写真撮るの忘れちゃった)
で、その後「座っていると足の力が抜けているので」と、そのままひざ下に鍼。

「家でこんなことしているなんて、前代未聞だ

おっと~ずいぶん難しい言葉がでてきたぞ。

「時代が変わったんだな

…って、どちらかというと昔の方が往診・訪問は多かったのでは?
などと突っ込みをいれながら、状況を理解して適切な言葉を使うお義父さんに、先生もびっくり。

それからベッドに横になって、腰に鍼して昨日はそのままマッサージ。
不思議(当たり前?)なことに、お義父さんの表情がみるみる変わるのがわかる。
施術前からよく喋っていたけど、この時は表情が緩む緩む。
顔の筋肉が柔らかく、目じりがさがって、にやけている。

至福の時って感じ?

そんでもって、喋る喋る。大半は妄想だったけどね。
「一番二番と伝えていかないとならない」
って、何をさ。


鍼は保険を使う場合は、‘療養費’になるのだそうだ。
病院(内科・整形・神経内科・精神科などなど、どこでもいい)の先生に
『腰痛(か神経痛)のため、鍼治療が必要』
という同意書か診断書を書いてもらって、鍼灸院に提出したのち、保険適用を許可されたら保険適用となるらしい。
『パーキンソニズムで~』
という書き方では許可されないそうですので、注意してください。
詳しくは鍼灸の先生に聞いてみてください。

または鍼灸医師会HPまで

http://www.harikyu.or.jp/general/effect.html

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。