上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.24 血圧の話
ゆるり家の日常 第168幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




「血圧」の話。

‘レビーは血圧が下がりやすい’という特徴があります。
自律神経の状態によって、血圧がさがり、意識消失を起こすことは以前記事にしました。

‘支える会’で血圧の話がでました。

「食事中、食後にうつむいて眠っている。

『寝ないで~食べてよ~』


…ソレって本当に寝ているのですか?

血圧が低下して意識消失を起こしているのかもしれません」


寝ているのか、意識消失を起こしているのか見極めは難しいです。

でも、手足を触ってみてください。
顔色をみてください。

冷たくなっていませんか?
血の気を失っていませんか?



ハッとしました。

フリーズの時とは別の、「食事になるとなんで寝ちゃうのよ~」という状態。
あの頃は体も動いていたし、喋ってもいたので、食事に不満があるわけ~?って思ったこともあったけど、単に意識レベルがさがっていただけかも。

「ほっておいて、時間がたつとまた食べるから~」って、みなさんにお話しておいて今更だけど、つまりは血圧低下を起こしていたけど、血圧が戻ったから食べ始めたともいえる???


支える会のアドバイスとしては、

手足を温めるといいそうです。
暖かいタオルで温める。湿気もあるので具合がいい。

一度にたくさんを短い時間で済ますのではなく、ほどほどの量で回数を分け、ゆっくりと食べる方が予防になるようです。

食事が終わったら30分以上の食休みをする。

手足のひえは、血圧が上がりすぎている場合も、下がりすぎている場合も認められる。




結局のところ、血圧のコントロールは難しいのですが、日常的に血圧を計ることはレビーには重要なようです。
どんな時に血圧が下がるのか、目安をつけるということでしょうか。


余談ですが、

我がbossによると、血圧計は手首で計るタイプより、腕で計るタイプのほうがいいそうです。
手首で計るより、正確だそうです。

我が家は手首で計るタイプのものですが、実感として、正確かどうかはおいといて、手首も痩せてしまったことにより、計りにくくなったのは確かです。

また、上半身起こした状態で、腕を曲げて、手首を胸の高さに上げないとならないので、固縮がでていると計るのに苦労します。

もしもこれから血圧計を買われるのなら、腕で計るタイプの方がいいかもしれません。



私達でも食後はボーっとしたり、眠くなったりします。
胃に血液が集まるので、脳の血流低下があるのでは?という話もあります。

レビーはそのコントロールがうまくできない病気ですから、意識消失までいかなくても、反応が悪くなる、調子が悪くなるのはしかたないのかもしれません。
脳への信号がうまく伝えられないということでしょう。


今の義父は食後だけでなく、時折どこかへ意識がいってしまいます。
薄目を開けて、顎があがる。
うつむくのではなく、天を見上げる形になります。
これも血圧の問題でしょうか?

意識レベルが下がっていることは確かでしょう。
返事はするんですけどね。


「意識消失=失神とまではいわないけれど、気がつかずにいると、重大になることがあるので、十分注意してください」

と支える会で言葉がありました。

見守りという名の細やかな観察が必要なのでしょう。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。