上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

内容は私個人の考え、感想、経験ですので、参考になるかは???
また、誤りがあったとしても、関係者、及び、仲間に責任はございません。
いろいろなところ、ご容赦ください。

昨日の続きです。



○虫・猫(小動物)

意外と少なかったのが虫。
目で追っているので、虫かな?とも思える場面はあるものの、訴えは少なかったです。

初期のころ「黒い小さい虫がいる」と目の前を払ったりしていたので、眼科に連れて行ったりしましたが問題なく、やっぱり幻視なんだと思ったものです。

実際に虫が出たときは、退治するのは義父の役目となっていたので、「やっつけて」といえばハエたたきを持って退治してくれました。

その流れで、幻視の虫かな?と思ったら私は「虫なら退治してね」と言っていました。
ちゃんと退治して、ゴミ箱に捨てていましたね。


猫は多かったです。
でも、独居の時は実際飼っていた?(野良が出入りしていた)ので、判別は意外と難しかった。

マンションに来てから、動物は飼っていないのですが、カーペットの上に食べ物が置いてあったり、「ちゅちゅ」と壁に向かって言ったりしていたので、見えていたのでしょう。

最近は床に向かって、「こいこい」と手招き?しているのが、たま~にあるくらいです。


○とにかく何か物体

なんだかわからない何か。これは誤認・錯視が多いと思いますけど。
車が事故ってるとか、木の上に何か乗っかってるとか。建物が倒れてるとか。
道を歩くときに何か拾ったり、避けたり。

指差して訴えるので、妄想ではないですね。
今、現実にあるものとして、訴えられました。
遠くのものなら、私も見えてるように話に乗っかってみたりもしました。

空中を鯉が泳いでいるといわれたときには、「ホントだ~たくさんいるね」と返したら、「そんなにいない」といわれてしまい自爆。
でも笑ってたからまあいいか。


○斜め・傾き・ゆがみ

これは幻視か錯視か…。
壁が迫ってくるとか、床が抜けてるとか、斜めってるとか、天井がおちるとか。

「建付けが悪い」とドアをガタガタさせたり、壁を叩いたり、ガラス窓を開けたり閉めたり。
実はこれが幻視の始まり…というか、初期の症状でした。
「大丈夫」といっても聞かないし…。しばらく続きました。

幸い近くにいる伯父がそういう仕事をしていたのと、ちょうど風呂場の改修工事業者が来たので、「プロに見てもらおう」と修理の真似事をしてもらいました。

義父は伯父のことをすごく信頼していたので、その後もしばらくは言っていましたが「伯父がみてくれたんだから大丈夫。伯父さんなら信用できるでしょ」とたたみかけるようにいっていたら、そのうち言わなくなりました。

そう…そういいつつ、「こんなに古い家なんだから、ゆがんでいて当たり前だよ。でも絶対崩れることはないから大丈夫。丈夫にできてんだから~。もし崩れたら新築しちゃえ~」とけしかけたこともあったな~。

アプローチが効いたというより、興味が失せた(あきらめた?)ように見えましたけど、どうでしょう。
もっと執着して、妄想をひどくしていたらと思うと怖いですけど。

でも、何かしらをガタガタいわせるのは今も少しですが続いています。
症状というよりそういう建具が好きなんですね。もともと。っていったらみもふたもないか。


○火・炎

数少ないですがありました。
「燃えてる」といい始めた頃には、私の反応を窺うようになっていましたから、問題にはなりませんでした。

幻視ではなく「燃やしてやる」とライターを持ち出したときは焦りましたけど。


などなど…。
いかがですか?一緒のものありましたか?

義父の場合は物語りは少なくて、単発でしたし、家の中の出来事が多かったので、内々に収められていますが、幻視で妄想が構築されてしまって、どうしようもならないと悩んでいる方のお話をよく聞きます。

「否定してはいけない」といいますが、妄想と結びついてしまわないよう、うまく誘導するためには、「否定」も必要に感じます。
あくまで、本人の尊厳を守りつつですが。

みなさまが幻視とうまく付き合っていけるよう願っています。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。