上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

介護サービスはいろいろありますが、ちょっとおさらいです。
地域やその施設によって若干の違いはあると思いますが、おおまかなところでは同じと思います。
施設も個性がありますので、機能面だけではなくご本人にあった雰囲気などを考慮して、選んでいきたいですね。
少しずつご紹介していきたいと思います。

尚、私の経験にもとづいていますので、内容に偏りがあるかもしれません。
使用したことのないサービスは、人の話や本などで得た情報となりますことをご了承ください。





以前、デイの説明をさせていただきました。今回は小規模多機能です。
長くなりそうなので、何回かに分けてご説明します。

小規模多機能は、在宅を基本とした生活を地域で支えようという「地域密着型」といわれる在宅支援サービスです。

「宅老所」といわれていたものが、「小規模多機能」のもとになっています。
認知症などがあっても、できるだけ長く自分の家で生活したいという希望に答えられるようにと、「通い」を中心として、「泊り」「訪問」の三つのサービスを一つの事業所で行います。
個別対応をうたっていて、その方の生活をその方らしくするために地域で助けるという考えです。

尚、小規模多機能は市町村の管轄になるため、地域によって細かなサービス内容は変わってきますし、また、ルールにあいまいな表記や穴があるため、同じ地区にあっても施設によって違いがでるのが現状のようです。


■小規模多機能 

◎登録定員25名まで。24時間365日対応。

◎日中3:1の職員体制。原則、看護師配置。

◎「通い」「泊り」「訪問」それぞれに担当を分けることはせず、職員全員がすべてのサービスにかかわる。

◎特養・グループホームなどに併設されているところが多いようです。


基本料金は定額制(月)

要支援・要介護度によって金額は異なります。
また、地域によって多少の差はあるようです。

名古屋の表がわかりやすかったので、参考に。
http://www.kaigo-wel.city.nagoya.jp/view/kaigo/service/attend/93

三つのサービスをそれぞれの生活にあわせて組み合わせることができます。
どう組み合わせても基本料金は変わりません。

例えば、「通い」を週2回でも5回でも基本料金は変わらないということです。
「泊り」でも、月に数日、複数回でも基本料金は変わりません。
極端にいうと、月に4回の「通い」利用でも、月に20日「泊り」利用の方と基本料金は変わらないということです。

ただし、食費・宿泊費などや、各種加算がありますので、サービス内容やご本人の様子によって総額は変わってきます。

下記も参考に。
http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1217212184054/files/syoukibo.pdf
食費や宿泊費は施設によってまちまちで、ここが総額のポイントかも。


◎サービスを一箇所で行う

「通い」…いわゆるデイサービス 15名まで
「泊り」…いわゆるショートステイ 9名まで
「訪問」…いわゆる訪問介護・訪問看護

同じ場所、同じ職員で対応するため、認知症の利用者には混乱が少ないとされています。
つまり、「通い」でなじみとなった職員が、「訪問」でも来てくれたりするわけです。
「通い」の延長でそのまま建物をでることなく、「泊り」となるので拒否も少ないようです。


◎ケアマネは小規模多機能のケアマネに変更となります。

これは、利用者の生活を把握し、より必要なサービスを集約して行うためのケアプランを作成するためだそうです。
同一事業所内でのサービスなので、状態把握がしやすくなるため、個別対応に適しているそうです。


◎今まで利用していた一般的な介護サービスは、利用できなくなります。

小規模多機能は定額制で、「通い」「泊り」「訪問」を兼ねているので、重複はできないそうです。通所リハもNG。

今までお世話になってきたデイやお気に入りのヘルパーさんにお別れしなくてはいけなくなります。
例え、小規模多機能と曜日条件が合わなくても、他事業所に週一とかだけでも利用できません。
全額自費なら別ですが。

リハビリに関してのフォローをどこまでやってくれるかは、施設によると思われます。


◎協力体制の病院・歯科医院・などの確保は義務

宿泊の方には往診があるそうです。
病院は今までかかっているところに、引き続き通院可能。


◎24時間サービスなので、夜中でも職員が待機しています。

緊急の時には、訪問もしてくれるみたいです。
もちろん、定期的な夜間介護サービスも対応しています。


おおまかなところではこんな感じでしょうか。
次回は「通い」「泊り」「訪問」をもう少し詳しく書いてみたいと思います。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。