上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑過ぎる日々が続き、今日はほんの少し、凌げるかしらと思ったら
大きな台風が近づいています。
せっかく伸びたゴーヤもネットごとどかに飛んでいきそう。。です。

さて、仲間から嬉しい知らせが届きました。

6月3日の記事
に実情をコメントしてくださった方から、新しい施設の利用が開始できた、という知らせ。

「bossさん、ゆるりさん

ご紹介いただいたデイサービス。
本日も何の問題もなく6時間デイに行ってくれました。

今は何もトラブルを起こすような状態ではないのに、受け入れ拒否が続き、
まだショートは未だに門前払い状態です。

デイでの実績がショートに繋がるまでにはまだ少し掛かるかもしれませんが、
本当に必要となったときのために頑張ります (*^_^*)

ゴールデンウイークから一日も休まず働き、やっと明日だけ一日オフなので二人でまったりしています。

あれから食欲も落ち、今は体重も69キロになり介護も楽になってきました。
お父さんも身体が軽くて調子がいいのか、一人で起き上がるときも増えました。
(なので離床センサーが活躍していますが・・・)。

発表会の日にどうするかは未定ですが、キャンセル待ちもしておきましたが
インシュリン注射のOKが出ず、老健ならどうかと考え中です。
現状では連れていくことになりそうです (⌒-⌒; )

何事も諦めずに努力します。ケアマネさんには頼らずに・・・ですが。
ご報告まで。

追伸:なかなかおしゃべり会にも参加出来ず残念です。 7-17 macky」





私たちも私たちにできることをと、考えていましたが、ひとりの仲間の早い判断で、
良い方向を見つけることができました。
ほんとうに良かったです。

また快く、相談にのってくださり、協力してくださった施設の方々に、ほんとうに
こころからありがとうを送らせていただきます。

ありがとうございました!


仲間がみなそれぞれの問題を抱えています。
レビーという名前が広まった分、レビーは難しいという判断から、
拒否する施設も増え、またケアマネさん方のあきらめも、増えたような気がします。

そういう状況をすこしでも緩和するためにも、介護家族も介護職の人も「ゆるりん通信」読んでください。



いちばん苦しんでいるのは、「レビー本人」であることを忘れないでください。
いろいろな状況を判断できて、自分の体の状況をどうやって受け入れていかなくちゃいけないのか、
でもそれを上手く発信することもできず、頼れる家族が苦しんでいる姿も
見なければならない、ご本人の気持ちを理解してください。

先日、レビーの方からお電話がありました。

「がんばっているんです。一生懸命がんばっているんです。」

リアルな幻視も、歩行難も病気からきていることは理解しているけれど、
それを否定されればされるほど、自分はがんばらなくちゃいけないと思う、
すると体は疲れ果て、判断力も鈍くなっていく、、という現実のお話を
伺うことができました。

私たちは家族だけではなく、レビーの方を取り巻く環境のなかに関わる人々に
この思いを伝えたいし、とにかく、聞いてください、ご本人の声を!!

話はかわりますが、仲間のゆるりさんが、レビーのお義父さんと旅行に出掛けました。
快挙!です。

ゆるり家の日常 旅行篇

人生を楽しむこと、あきらめちゃいけませんね。

家族だけで、無理な場合は、「おでかけ隊」や「介護旅行」なんていうものも
あるようです。
介護タクシーや、旅行社、佐川急便などに問い合わせてみてもいいかもしれません。
そういえば、一昨年の「介護なんでも文化祭」にも「おでかけ隊」のチームが
いたと思います。各地方にあるようです。

無理せず、でもできるなら、介護される人もする人も一緒に楽しみましょう~


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村


7月おしゃべり会
7月31日(日)12時から17時
東横線沿線
左メニュー、メールからお問い合わせください。
レビー介護家族に限らせていただきます。










Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。