上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

定例おしゃべり会報告。
毎回、楽しく活動中。出張プチおしゃべり会もしちゃうぞ。
みんなで話して笑って泣いて、何かを感じてもらえたら…。
仲間がいます!一人じゃないからね!


**********


暑い日差しと、でもちょっと涼やかな風の中、集まってくださいました。
いつものお部屋がとれなくて、臨時で借りたお部屋ですが、ちょっとわかりづらい
場所で申し訳ありませんでした。

今回は初参加2名、tomoさんとIさん。
そしてマコさん、Uさん。bossとcabinetさんとゆるり。
それとほんの30分程でしたが、前回参加のTさんが気分転換と報告に
きてくだったり、時間がない中、Sさんが差し入れをもって寄って下さったりと、
嬉しい出来事もありました。


スタートはマコさんの相談。
長期に続く相談だったので、みなさんより少し早くに来ていただき、
細かくお話しました。

お母様によいところが早く見つかること祈っています。

埼玉や千葉からきてくださったtomoさん、Iさん。
いかがでしたでしょう。
お二人のお母様はまだまだお元気。
お元気だからの悩みは多彩ですね。

環境を整え、介護者がにこやかにされていると、ご本人も落ち着く…。
本当に合わせ鏡なんだと思います。

これから様々なレビー症状にであうと思いますが、知識を蓄えて、
体力も蓄えていれば、予測も先回り対応もできますし、何があっても「そういえば」と、
行動できるかも。まずはドーンとかまえて。

また自分自身のケアも忘れず、自分で自分を褒め、息抜きの時間をつくり向き合うことも大切です。

ゆるゆると。


今回は久しぶりにレビーとは…というお話になりました。

一番の肝は「薬剤過敏」です。

アリセプトの弊害・パーキンソン薬とのバランスなどあれこれ。

Uさんは新薬の貼り薬(イクセロンパッチー成分名リバスチグミン)とメマリーをはじめられ、
「ゆるやかに効いている感じ」とよい感触を得ているようです。

薬に関しては難しく、観察して調整の繰り返しです。
レビーの家族なら、家族が調整することへの抵抗は、越えなくてはならない壁かもしれません。

常識に惑わされず、情報に踊らされず、方法にこだわらず、柔軟に考えていただけたらと願っています。

できれば、病院・医師を味方につけて、一緒に学んでいっていただきましょう。




今月、わたくし、ゆるりの誕生月ということで、ケーキを用意してくださいました。
みなさま、ありがとうございます。

ゆるり誕生日




舞い上がってしまって、みなさまとの写真忘れました~(汗)
すみません。いつもいつも。



あっという間に時間が過ぎ、お開きとなりました。

後日、tomoさん、Iさんから「また参加したい」とメールをいただき、楽しんでいただけたのだと
嬉しく思っています。

また、お待ちしています。


*********

夜は「ゆるりん通信」の編集会議という名のおしゃべり。
いつもと違うお店で、いつもと違うお料理をいただきながら、5時間以上。
心地よい疲れを引きずりながら、帰路に着きました。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村



おしゃべり会は月末日曜に開催中。
東急東横線、東京よりの場所。
参加希望の方はメールにてご連絡を。
詳細をお知らせいたします。







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。