上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。
いまさら~な感じもしますが、10月23日(土)に東京・四谷で行われた
「市民発!介護なんでも文化祭」の報告です。

会場は大学のキャンパス。
体育館と12号棟という校舎をかりて行われました。


介護文化祭8

この日、他のメンバーの都合がつかず、一人で行ってきました。
目的はみっつあります。

ひとつは「レビー小体型認知症家族を支える会」が初参加すると聞きましたので、
のぞきに(苦笑)いくことです。

着いたのがお昼でしたので、すぐに支える会のブースへ行きましたが、見知った顔が
なく、ウロウロ。
ブースには小阪医師・他の蔵書が販売されていました。

介護文化祭7


数分後、となりの教室で、支える会の事務局長Oさんの講義がはじまっていました。
私は輪からはずれた椅子に邪魔にならないように座りました。

教室は二分割されていて、他の団体さんと共用でした。
講義といっても、テーブルを囲んで十数人の参加者にパソコンを利用しながら、
『レビーとは』という説明です。
レビー小体とはどのようなもので、どういう症状がでて、どんな風にケアするかという
基礎知識の説明でしたので、失礼ながら私は立ったり座ったり。

しかし、参加されていたみなさんは、真剣な表情でOさんの説明に耳を傾け、
学生さんらしき人はしきりにメモをとっていらっしゃいました。

私は輪からはずれていましたので、声がよく聞こえずでしたが、最後に相談の時間が
設けられ、涙ぐみながらお話する女性もいらっしゃいました。

介護文化祭4



校舎の上のフロアでは、介護保険のアレコレ相談からはじまって、デイサービス、宅老所、
ヘルパー事業所、訪問看護・医療、成年後見人制度、有償ボランティア、施設案内などが
それぞれにブースをたてて説明しています。

奥では介護おしゃべりの場が作られており、どこのテーブルもいっぱいでした。
壁には一言ブースがあり、介護に関する愚痴や不満や感謝などが書かれた紙が貼られ、
また、それを読みコメントされています。
今回は震災をうけてのコーナーもあり、あの時どうしていたか…切々とつづられています。

長テーブルに各団体のチラシや情報ペーパーが置かれており、ゆるりん通信も置いて
いただいていました。

お世話になったSさんに無事ご挨拶し、ふたつめの目的クリアです。



体育館は「災害と介護」という特別展示でした。

介護文化祭3

右手の壁には久しぶりに見る震災時の様子の写真。
水が家を飲み込んでいます。
途方にくれる人々、避難所の様子、荒れた土地、壊れた家、流された品々、汚れた衣服、
そして物資の山、ボランティアの人々、子供たちの笑顔、仮設住宅と続いていきます。

介護文化祭2


奥には要介護の方の実際モデルの避難所での仮設スペース。
ダンボールに囲まれ、ベッドだけが寒々しく置いてありましたが、きっとこれが一番
いい場所だったのでしょう。

介護文化祭1


福島・宮城の方々がいらしていて、スライド上映しながら、当時の様子、今の復興状況、
仮設住宅の是非、施設の再開、などなどを説明、訴えていらっしゃいました。

介護文化祭6


時間もなく途中で失礼しました。
わずかな時間しか、お話をきけませんでしたが、行政とのやりとりや、資金面での苦労もある
でしょうに、みなさん明るかったのが印象的でした。
わずかづつでも、前にすすんでいるのだと感じました。


校舎に戻り、下の階では押し花?書道?のようなアクティビティ紹介と体験。
震災のコーナーなどもあったようです。
福祉用具のコーナーや書籍販売コーナー、有料老人ホーム案内のこーなーも。
また、時間がかぶってしまって、何も聴講できませんでしたが、各教室でセミナーも
開催されていました。

そして、最後の最後、帰る直前にみっつめの目的を果たせました。


***************



~嬉しいお気遣い~

かの震災時におしゃべり会は宮城の方に
少量ではありますが、物資を送らせていただきました。

そして、先日、先方が介護なんでも文化祭にいらっしゃった折、
ご挨拶する機会に恵まれました。

まだまだ、震災の爪あとは深く、思い通りにいかないことも
多いようですが、明るく前向きにみなさま一歩一歩進んでおられると、
笑顔でご報告をいただきました。

震災前の日常に戻るには時間がかかります。
私たちにできること、直接的ではなくても、自分達のできることを
あの日のことを忘れず、人を思いやりあうことが巡り巡って
日本を元気にし、東北の力となると信じています。

Sさん、ご連絡ありがとうございました。

「みなさんでどうぞ」と、宮城のお菓子と一筆箋をいただきました。

おしゃべり会でおいしくいただきました。
一筆箋もありがたくつかわせていただきます。
(写真なくてすみません)





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村









Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。