上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

先日、横浜の
「レビー小体型認知症家族を支える会」の交流会に参加してきました。

交流会は通常、参加家族から相談を受け、宮田会長や小阪医師などがアドバイス
されるという形式で行なわれます。

基本、毎月第三木曜 17時~18時半開催。

詳しくは「レビー小体型認知症家族を支える会」のHPをごらんください。

尚、こちらで報告する内容は、私が走り書きをもとに記事にしておりますことを、
ご了承の上お読みください。

※注意:我々のおしゃべり会は、こちらとはまったく別の会です。


**********************


先月はkuririnさんが交流会にいらしたのに、記事にできず申し訳ありません。
今後、機会がありましたら、あらためて記事にしたいと思います。


さて、今月の交流会は会長の宮田さんがお休み。
副会長の長澤さんと事務局長?の尾崎さん進行ですすめられました。

そして今までと趣向がかわりまして、グループディスカッションをすることに。
支える会でははじめての試みです。

参加者は20名程度。
3つのグループ(関係性)にわかれて、進行役に長澤さんたちが、それぞれの
テーブルに着きました。


私たちのテーブルは6名(家族4名と施設職員さん1名と長澤さん)
自己紹介から始まりました。

私の自己紹介は30秒程度。聞き役にまわりました。
幸運なことに私には悩みがありませんので~~。

他の方はやはりそれぞれに悩みがおありでしたが、一番印象に残ったのは、今、
入院中だけど、退院したら自宅での介護は現実的に無理…でも…という心の葛藤
を口にされた方でした。

けれど、たいした話もできないまま、グループディスカッションは1時間で終了
しました。

小阪医師が到着されたからです。
もう少し時間が必要だと思いましたが、小阪医師とお話できる貴重な場所という
のも、この交流会の目的ですからしかたありません。
待っていた方も多いのです。



小阪医師に寄せられた質問

アリセプト10mgを1年ほど服用していたが、興奮がでてきたので
レミニールにしたら2週間で歩けなくなった。
レミニールをやめて、2週間ほどでまた歩けるようになった。

パッチ製剤を始めたらいい感じで、よかったと思っていたが4.5mgから
9mgになったとたんに、かぶれがでて、貼れなくなってしまった。

新薬は厳しいとはいうけれど、医師の裁量で4.5mgのまま続けることは
できないだろうか…。




小阪医師の答え

無理でしょう。
それよりも、アリセプト10mgまで飲めていたのなら、もう一度アリセプト
を再開してみてはいかがでしょう。
3mgからはじめて5mgを継続できないでしょうか。

やっぱり、日本ではアリセプトが第一選択だと思います。
飲めるなら変更する必要はないでしょう。
もちろん、その方にあった量と薬というのはあるでしょうが…。




また、他の質問からの答え

アリセプト10mgから4.5mgのものにいきなり
変更はよくないです。
落差がありすぎて、いいことないです。
アリセプトはいきなりやめずに、徐々に減らしていって0にしてから、次のお薬に
変更するのが望ましいです。



さらに…

アリセプトの少量…1mgからという話が多く聞かれるよう
になりましたが、少量少量といいすぎると感じています。
私は多くの方には3mg5mgで問題ないと思います。
10mgの治験に私も参加していますが、特に悪くなった方はいらっしゃいま
せん。



ということもおっしゃいました。



余談ですが、他のセミナーにて、専門医の方が、アリセプトで奇異反応をおこ
した方は、私の患者さんではいないとおっしゃっていたのを聞いたことがあり
ます。
少量投与の患者さんもいるだろうけど、情報に過敏反応しすぎではないか…と。

私は、個人的には何ミリであろうと、いえ何ミリと決め付けず、その方にあった
量を介護者と医師とで相談すればいいことなのに…と思います。
ずーっと同じ量を飲み続けられるとも限りませんから、その都度。

まあ、その相談に乗ってくださる医師の技量に左右されるかもしれませんが。




グループディスカッションはなんだか中途半端で、ほとんどの時間が自己紹介
で終わってしまい残念でしたが、新しい形としてイイコトだと思いました。

家族の方同士のつながりを作りたいと長澤さんがおっしゃいました。
確かに今までは、セミナーの質疑応答ような家族会でしたから…。

横のつながりができると孤独感から家族を救うことができると、私は、私たちは
思いますので、今後に期待します。



交流会終了後、同じテーブルだった方々と声を掛け合いました。
その中で、私の気になった方…今後の行き先と葛藤の方とお話をじっくりする
ことができました。

このように、じっくり話すことができたのもグループディスカッションのおかげ
です。
今までは気になっても、おせっかいかもと声をかけることができませんでしたから。

この方の答えをだすことは私にはできませんが、「お話できてよかった」といって
くださり、またの再開を約束してお別れしました。




補足

我が家の薬剤師さんとお話していて、パッチ製剤の話になりました。
やはり、かぶれる方が多いということでしたが、裏技として、足の裏(土踏まず)に
貼ったらどうか…ということをおっしゃっていました。

はがさずにいられる、理解できるということが前提ですが、足の裏は皮が厚いので、
かぶれにくいから、継続できている方がいるという。

効果があるのに、かぶれるために継続できない方が多いのは残念です。
やめる前に一度試してみるのもいいかもしれません。

あと、パッチ製剤は保護クリーム(ヒルドイドなど)をしっかり塗ってから貼るように
との注意も。
乾燥肌に貼ると、すぐにかぶれるからとおっしゃっていました。



私は24時間貼り続けず、18時間とか10時間とかでとっちゃいけないの?と
単純に考えてしまいましたが…ジワジワ効くものだから意味ない?

余計な意見ですね…すみません。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

   




Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。