上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しました。

今月、やっと編集会議をすることができました。
いつもいつもデザイン、レイアウト担当のサナさんには
大変な思いをしてもらってますけど、なんとか
今回も形が見えてきました。

今回はマネージャー宅におじゃましての作業。
短時間で効率良くとは考えながらも、細かい作業。
夕飯をお待たせしてしまっているご主人から、思わぬワインの
差し入れ。
喜んで頂戴しました、若干2名だけですけど。

かわいい猫の絵がカッティングされているワイングラス。

くぁわぃい~~~と若干2名の猫好きが~~

wine.jpg

ゆるりん通信の作業をしながら、


「レビ-」の今の現状はどうなっているのだろうと考えたりします。


レビ-だと分かっても、そこから孤独が始まる、ご本人と家族。。

様々な症状で、紆余曲折の末に診断されたレビ-、すぎさった数年の重み。。

本人のため、家族のためと思ってなのか、相変わらず、

「進行は早いんです」
「予後は悪い」
「手のうちようはない」

と、はっきり言う医師たち。。

レビ-がわかる医師と、家族と共に治療を考えてくれる医師との違いは。。

若年の方も増えています。
レビーの方の場合、パーキンソン症状、また日内変動などで
サークル的な若年認知症の方のための会などには参加しづらいことも
あります。
サポーターの数も必要ですが、大勢で、というのも
レビ-には難点もあり。
施設の問題もあります。
理解してくれる人が周囲にいなければ、家族は。。

家族の思いを発信していきたい。
ほんとにゆるゆるとですが、続けていきたい~~

8号は、お手元に届くのは、来月になりますが、
またまた、いっぱい詰まっておりますので、どうぞ、お楽しみに。


boss




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。