上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

先日、横浜の
「レビー小体型認知症家族を支える会」の交流会に参加してきました。

交流会は、

◆参加家族から相談を受け、宮田会長や小阪医師などがアドバイス
◆家族同士で話し合い、小阪医師が最後に質問を受ける

という形式のどちらかで行われます。

毎月第三木曜 16時半~18時開催。

詳しくは「レビー小体型認知症家族を支える会」のHPをごらんください。

尚、こちらで報告する内容は、私が走り書きをもとに記事にしております。
また、個人情報を含みますので、概要のみとなりますことを、ご了承ください。

※注意:我々のおしゃべり会は、こちらとはまったく別の会です。

*****************


今回は20名ほど出席。
二つに分かれてのグループディスカッションでした。

私が進行係をさせていただいたグループには研修にいらしている
精神科医と、青森のグループホーム長と、男性介護者の会の方が
いらしたので、レビー家族は6名。
つれあい介護の方が一人いらして、私以外の4人は実親介護でした。


自己紹介をしつつ、現状のお話。

急性期病院から療養病院への転院が決まったけれど、できれば特養へ
入所を望んでいるが、仕事をしながらなのでなかなか話をすすめられないと
悩むお一人介護の方。

幻視はあるものの、最近はデイにも通い始め、なんとか楽しくしていると
お話くださった方。

先月診断されたばかりで、なにがなんだか…という方。

パーキンソン症状がではじめて、思うように動かない体に落ち込む姿に
心を痛めているという方。

介護をしながら、この経験がみなさんの役に立てば…と、在宅介護
サポートの仕事を始めたという方。


環境も感情もさまざまな方が集まりました。

具体的に何かに困っているというよりは、漠然と不安というみなさん。


ご本人に告知しているか?という質問がでました。
多くの方は病識をもっているレビーですが、どう受け止めているのかは
それぞれです。

病識を持ちつつ認めないという方や、理解をしているかはわからない
ものの受け入れているという方。
認知機能の低下がそれほど認められないレビーの方はもちろん、その
ご家族にも‘認知症’という言葉はしっくりこないように見受けられ
ました。

なのでやはりレビー小体型認知症ではなくて、‘レビー小体病’として
お話されたらいいのではないかと思います。



青森のグループホームの管理者さんが、青森でのグループホームの
取り組みや、地域との協力体制についてお話くださいました。

また、精神科の先生が、お薬の説明などをしてくださいました。


終了時間近くになり、小阪医師がお見えになりいくつかのご質問に
お答えになり、定刻を少しオーバーして終了しました。


次回は10月18日(木)16時半~


お知らせ

レビー小体型認知症家族を支える会 家族会総会
11月10日(土)9時~(9時半~に変更の可能性あり)
 新横浜プリンスホテル

詳しくはこちら



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村










Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。