FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるり家の日常 第173幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




おはようございます。

朝、「雨だよ」とテンション低めで起きました。
そして、9時前に気付いた。

「雪じゃん!!??」

結構降ってるし~。
積もりそうな雪だし~。

うむう~

うちの前、坂道なんだよね。

車いす…大丈夫かな。

歩行に自信があっても危ないシャーベット状態の道路。
かえって車いすの方が、危なくないかな。
介助者が転ばなきゃ。


天気予報では積もらないとはいってるけど…。


雪景色



先ほど無事デイへ出発しました。
雪見てご機嫌です。

「お~寒い」

と、おどけて出かけていきました。


私もこれから仕事です。

でも、お昼にデイへ行かないとなんだよね。
無事に行けるだろうか。

スタットレスはいてるけど…不安。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




雪に弱い都会っ子です。
2011.03.06 こどもの国
ゆるり家の日常 第172幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




昨日は思い立って、横浜の「こどもの国」へ3人で出かけた。

「こどもの国」は大きな公園のようなもの。
電動遊具はなくて、牛や羊やポニーがいるところ、梅や桜の林、遊歩道や池でスワンボート、運動場やバーベキュー場、芝生の上でお弁当…などなどがあって、老若男女楽しめるようになっている。
今の時期は梅まつりだそう。

二十年ぶりくらいに行った。

気にはなっていたけど、確か坂が多かったよな~って敬遠していた。
でも、昨日はダンナもいたし、いい機会だから久しぶりに偵察に。



いい天気だったけど、風が冷たくて、思いのほか寒かった。

11時半頃に着いて、早速上り坂…

お義父さんもはっきりしていたし、言葉多く笑っていたから、(ダンナが)気合入れて上る。

ベビーカーの家族が多いから、基本どこの坂も急ではないんだけど、いかんせん大人の車いすは重いのですよ。
さらに外周や点在するスポットにいこうとすると、ちょいと急な坂。

ダンナがいないと無理だな、こりゃ。


こどもの国⑥



そんなことを思いながら、内周を歩く。

「気持ちいいね~」

牛を見てポニーを見て、梅を見て、スワンボートながめて、お昼して、ぐる~っとまわった。


こどもの国⑦ こどもの国⑧牛 こどもの国⑤梅林


こどもの国③ こどもの国⑩ポニー こどもの国②



お義父さんは何かを指差しては喋っていた。

「コレは何?」と聞くと必ずなにやら説明してくれるんだけど、何言ってるかはわからんちんなのだ。
ごめんよ。


でも、遅い昼食を終えたら、その後はお義父さん言葉少なめになった。
ちょうど風も冷たくなってきたので、3時頃に退園。

ダンナもお義父さんも、ちょっとお疲れで帰宅。

舗装があんまり良くなかったから、お尻が心配だったけど、赤くなっていなかったからよかった。


「楽しかった」

ってお義父さんがいったから、頑張った甲斐があったねダンナ。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




結論:「こどもの国」は、一人介助では、なかなか難しいと思った。
    割と楽な道を選べば、行けなくはないけど。
    正直、ちょっとの散歩気分では、駐車場代・入場料が高く感じたかな。
2011.03.05 秘密だってさ
ゆるり家の日常 第171幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




おかげさまで、ジョクソウもどき(悪あがき?)はすっかり良くなり、キレイな肌となった。

ピンク色で赤ちゃんの肌のようにツルッツル。
ジジイの尻がベビー肌…。
豚に小判…ちょっと違うか。



一昨日、島田伸助の番組で、昔の恋人の思い出の写真を捨てるか、捨てないか、などとやっていて、

「お義父さんにも、隠し持ってる女性の写真はあるかい?」

と聞いたら、そりゃもうニヤけて

「隠してある

だってさ!

「おっと~、○○子(亡妻)さんには内緒かな」

「いえねえよな~(ニヤリ)」


まじっすか?


「その女性の名前は~?」

「…フフフ…


しばらくはニヤニヤ笑ってた。

思い出し笑い?

「やるね、お義父さん」


ダンナはソレを聞いて複雑みたいだけどね。

信じるなって!!

でも、本当なら、先の話、あちらにいったら○○子さんに怒られるぞ!




どこに行っても「いい男」といわれるお義父さん。
嫁びいきですが「なかなか」です。

でもさ~時々ぽか~んと口開けてる姿はいただけない。

それに、意識が飛んじゃってるときは、表情筋もゆるむのかな。
だらしない顔してるから…。

ぼよ~んとした目になっちゃってる。

イケメン台無しじゃん!




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村







嘘か誠か…今となっては、写真は無いよ。
だって、もうお義父さんち無いも~ん。
アルバムは私の手の内だしね~
ゆるり家の日常 第170幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




実は今、お義父さんのお尻にはジョクソウもどきができている。
仙骨とお尻の穴の間部分。


いいわけがましいけど、きっかけはショートだ。
色素沈着?あざ?すりむき?というような、浅黒い部分があるのを帰宅後発見。
申し送りはなかった。

いつもなら、問い合わせするか考えるところだけど、今回のショートでは、いろいろ事情があり、また、それほど気にするものでもないかと、すぐに言わないことに決めた。


この判断がどうのこうのはおいといて、そのあとの処置に失敗したのは間違いないんじゃないかな。

そう…私、やってしまった。


ソレを発見後から、アズノールをヌリヌリしていた。
デイにも入浴後はヌリヌリをお願いしていた。
あざのように見えていたので、‘なんでこんな部分にあざ?’と思いながら。
でも、かさぶたっぽい感じも多少受けたので、アズノールを塗って様子をみていた。

もちろん体位交換はしていたよ。
ただ、日中は車いすだから、やばい場所ではあった。



実は車いすが来た初日、クッションがまだなかったのに、嬉しくて1時間以上車いすに乗せて、外を散歩して、お尻をすりむいた状態にした経験がある。

その時、皮膚科にて、アズノールを処方された。
「すべりをよくしますから、ちょっと広めに予防としても塗ってあげてください」
そういわれていた。


しかし、あざと思われた部分はかさぶたのように、数日後からポロポロとはがれはじめたのである。


ひえ~!!!


まだ、下の皮膚ができあがっていないのに、かさぶたがはがれるとどうなるか、想像がつきましょう…。

このとき、傷は直径5mm程度の円。


慌てた私は、ゲンタシンを塗って、ガーゼして、保護テープを上から貼った。

これが、多分また失敗。
ちなみに、この方法は腕を怪我したときと同じ方法。
2.3日でよくなったから。


が!問題があった。

お義父さん、最近は夜間に、やわらかいうんちょすなのである。
場所が悪く、ガーゼを挟んだ保護テープは浮きがみられ、うんちょすがテープを汚す。
ガーゼは汚れていないものの、気になるからはがす。

で、かさぶたがガーゼにくっついてはがれる。

を数回、数日やったら、直系1、5cmくらいになってしまった。


そこでやっと、おばかな私は気付くのだ。

これはジョクソウというのではなかろうか。

うう~と思いながら、訪問医に相談。

かくして、薬は使わず、保護テープのみの処置となった。

保護テープだけなら、浮きも見られず、ぴっちり貼れた。
ぴっちり貼れれば、汚れないから、交換しなくてもいい。
交換がないから、これ以上かさぶたがはがれることもない。


ジョクソウとはちょっと違うようだけど、上皮がむけた状態は同じ。


あんなにみなさんの経験で知っているのに、ここまでやるのに、1週間かかってしまった。
ごめんね。お義父さん。

…早く治らないかな~。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村






今日は東京マラソンですね。
参加される方、頑張ってください。

そして今日は、おしゃべり会の定例会です。
お叱りと元気をもらいにいこう。
ゆるり家の日常 第169幕

ゆるりです。

個人記事です。
個人ブログのように書いていいよとメンバーが言ってくれたので、我が家の日々や私の個人的意見を書かせていただいてます。
軽く読み流してくださいませ。




私の職場の「永年勤続表彰」というのがありました。

私はパートですが、今の職場で勤続11年になります。
介護が始まる前は、月に22日程働いていたのですが、今は月に7・8日程度です。
お給料は…いわずもがな…になってしまいましたが、働くのが好きなので、気分転換も兼ねて続けています。
(ちなみに、もう一つ短時間のパートを月に4日やっています)


「永年勤続表彰」は10年、15年、20年…と表彰されます。

わが社は、パートにもその権利がありますので、楽しみにしていました。

なぜか。

それは、旅行券10万円分くれるから~!!!

このために10年頑張ったといってもいいかもしれない。

表彰状



そこで、ダンナとどうしようかと相談していたのですが、思い切ってお義父さんと旅行にいっちゃおうかという話になりました。
実現するかは、私達の気分とお義父さんの体調しだいですが、上着が必要なくなったら…。

怖がっていたら、何もできない。
お楽しみがなくっちゃね。



候補は伊豆。

バリアフリーで、部屋付き温泉露天風呂のあるホテル。
3モーター式の介護ベッドあり。
事前にお願いすれば、ヘルパー派遣もあり(しないけど)


お部屋で温泉に入れるのなら、お義父さんだって入れるじゃんって。
二人介助なら入れられる。

食事も部屋食だから、他の方を気にする必要がないし、私達も見守りながら食事ができる。

それなりのお値段はするけど、旅行券があるもん。

最後のチャンスかもしれない。

おまけに、以前約束した水族館にいけるかもしれない。



数年前にも計画したけれど、その時考えていたのは、普通のホテル。
認知症状にバリアフリーはあまり関係ないから。

でも、数々の不安が旅行を躊躇させた。



でも、今なら、いいように考えれば…

勝手に歩き回ることもないし、ものを壊す心配もない。
他人様にちょっかいをだすことも、急に不機嫌になって暴れることもない。
幻視で騒ぐこともなくなったし、夜中に外にでることもない。
妄想もせん妄も、今となっては他人に迷惑かけることはない。

おいしい地の料理は諦めないといけないけれど。(ゴメンネ)


体調はその時になってみないとわからない。
でも、少なくとも今の感じなら大丈夫と思う。

ドライブは大好きだから、休憩しながら、ゆっくりいけば問題ないと思う。
座席がフルフラットになる車をレンタルしたっていい。




旅行券…夫婦二人の旅行もいいけど、今なお、仕事を続けていられるのは、お義父さんが頑張っているおかげ。

介護が始まったばかりの頃、「仕事は続けなさい」といってくれたお義父さん。

そして今、私の都合で、通所日でないのにデイに行ったり、ショートを長めにしたりと振り回してしまっているのに、いつでも「いいよ」っていってくれるお義父さんに、久しぶりの旅行をさせたいな。


ハイリスク?冒険?そうかもしれないけどね。

さてさて実現できるように、よく調べて、計画してみましょうか。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。