上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるりです。

あるセミナーに参加してきました。
個人的な視点、感想が含まれます。
尚、こちらで報告する内容は、私が走り書きをもとに記事に
しておりますことを、ご了承の上お読みください。


****************


『認知症の理解と
  脳活性化リハビリテーション』


講師:山口晴保 医師
   (群馬大学大学院保健学研究科)


認知症とはー認知機能障害により、生活が困難になること。
      記憶障害だけでは認知症とはいわない。
      
神経細胞ネットワークが壊れて、認知機能が低下することで
現れる症状は、認知症状(中核症状)と心理症状・BPSD行動
(周辺症状)に分けられる。

認知症状:記憶障害・見当識障害・実行機能障害など

心理障害・BPSD行動:徘徊・暴言暴力など

認知機能は脳の機能障害なので治すことはできないけれど、
心理障害は適正な治療とケアで治すことができる。

認知症と診断されたからといって「諦めないで」


認知症の原因疾患はアルツハイマー病、レビー小体病、脳血管障害、
前頭側頭型認知症などありますが、多くの方はアルツハイマー病変を
持っていて、高齢になればなるほど、合併率はあがります。
クリアカットに分けることはできないのが現状です。

画像診断や長谷川式などの問診ではなく、臨床症状でどんな症状が
でているのかを見極めることが重要。


認知症の方を介護する上で知っていてほしいこと(主にAD)

それは、「病識は症状が進むにつれ、なくなってくる」ということ。
病識とはつまり、自分が病気であるという意識のことであるが、
初期には「おかしい」と自分で思いつつも認めないと思われるが
進むにつれ、介護が困難になるような様々な症状が現れるのに
対して、自分が「おかしい」と感じることが薄れるのである。

そこに介護者との認識の差が現れ、介護者は「しっかりして」と
言い続けて、本人にストレスを与えているのである。
ストレスはBPSDとなって現れ、介護者をより苦しめることになる。

介護者は本人のできなくなったこと、病識のなさを認め、上手に
お付き合いしていただきたい。

病識=内省能力の障害で、自己調整困難で自己批判ができない状況

認知症の本質は、
『記憶力が悪くなることではなく、
        悪くなったと自覚できないことである』


自覚できないから、問題を起こしたり介護を困難にさせる。
しかし、忘れてならないのは、病識は薄くなるがなくなるわけではない。
本人の「不安」や「悲しみ」を汲み取ることも必要。


中略(レビー小体型・前頭側頭型・正常圧水頭症の主な症状の説明)


アルツハイマー病の治療(レジュメ参考)

新薬もでて選択肢が増えました。

元気系:アリセプト/意欲向上・認知機能向上
          副作用は少ないが、元気になりすぎることがある
          怒りっぽくなる・易怒性に注意。

元気系:レミニール/意欲向上・認知機能向上
          一日二回の服薬が難しい
          少量でも嘔気・嘔吐がみられる

元気系:リバスタッチ/意欲向上・認知機能向上
    イクセロン  貼り薬。少量からよく効き長く使用できる
           ただし、肌に赤み・発疹などの副作用あり
           また、剥がれて落ちることもある

元気系ーAChE阻害剤ーアセチルコリンを増やす。
●ACh神経系:前脳基底部⇒大脳皮質、海馬
 レビーではアルツハイマー病よりもアセチルコリンが減少
●元気系、覚醒レベルが上昇、記憶学習UP
●効きすぎ症状:暴言暴力、常時徘徊、抵抗(特に介護環境の悪い場合)
●副作用:徐脈、下痢、頻尿(副交感神経が活発になる)
●前頭側頭型認知症にはアリセプトは禁


調節系:メマリー/認知機能向上・BPSD低減
         減量投与が必要。多すぎると過鎮静の可能性あり
         どちらかというと穏やかになる

●コツのいる薬
●症例を選ぶ:易怒性、暴言・暴力、徘徊など陽性症状の目立つ例、
       単剤で重症度と関係なく徐々に増量し適量で維持
       だいたい10mgが多い
       20mgまでいくと過沈静が増える
●夕一回の投与で副作用を減らす(眠くなることがあるので)
●めまい、血圧上昇、頭痛、食欲不振には注意⇒転落転倒事故を防ぐ
         
調節系:抑肝散/BPSD低減
        漢方薬・カリウム低下、利尿剤との併用注意
        夜間せん妄に有効

調節系:デジレル/夜間BPSD低減・睡眠延長
    レスリン 夜間せん妄や昼夜逆転に著効 

●半錠で著効例、ぐっすり眠れるようになった。
●セロトニンが増える・抗うつ・抗不安

せん妄は認知機能の悪化ではなく、せん妄という症状が加わっただけ。
せん妄は治療できる


抑制系:リスパダール/BPSDの抑制、嚥下や運動機能の悪化
           長期投与しない、誤嚥や転倒注意

    セロクエル /BPSDの抑制、嚥下や運動機能の悪化
           長期投与しない、誤嚥や転倒注意
           高血糖に注意、糖尿病には禁忌


その他

前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症のBPSDにフェルガード
(サプリメント;健康食品)が有効。
アルツハイマーに有効との論文もある。

国立病院機構 菊池病院 臨床研究部長 木村 武実医師が論文を発表。

山口医師「困ったとき、他の手立てがないときに、紹介しています」

※模造品が多いので注意が必要です。



つづく



関西おしゃべり会きらきら組主催者のkuririnさんが
より詳しいレポートをしてくださっています。
「薔薇と宝塚とキラキラが好き」(文字をクリック)
是非、ご覧ください。必見です。
お礼のポチをお忘れなくお願いいたします。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村






          
ゆるりです。

あるセミナーに参加してきました。
個人的な視点、感想が含まれます。
尚、こちらで報告する内容は、私が走り書きをもとに記事にして
おりますことを、ご了承の上お読みください。



**********************


上梓記念講演
第二の認知症ーレビー小体型認知症の今
講師:小阪憲司 医師

小阪医師とはほぼ毎月、支える会の交流会でお話をお聞きする
機会はあるのですが、講演をお聞きするのは初めてです。

受付横には、レビー小体型認知症支える会の相談ブースがあり、
満席で順番待ちの方もいらしたようです。

会場に入ると、家族以外らしき方の参加も多く見受けられ、
また報道の腕章をつけられた方も数名いらっしゃり、
レビーへの力の入れようがわかりました。



定刻になり、席に。
約450の席に8割ほどの入りでしょうか。
やはり女性、それも比較的若い方が多かったように思います。

レビー小体型認知症研究会事務局長であり、小阪医師の著書
「第二の認知症ー増えるレビー小体型認知症の今」の
執筆協力をされた、尾崎純郎さんの司会で始まりました。


講演はレビー小体型認知症の歴史…といいますか、どのように
発見され、研究され、第二の認知症と認められるようになったのか
というお話から始まり、他の認知症との違いや、レビー小体型
認知症の中の種類などの説明をされました。

『レビーには
 
 びまん型(広い範囲にレビー小体を認める:レビー小体型認知症)
 移行型 (パーキンソン病に認知症を伴う)
 脳幹型 (脳幹にレビー小体を認める:パーキンソン病)
 大脳型 (大脳にレビー小体を認める。脳幹にはないので、
      パーキンソン症状がでない)
 
 の四つがある』


『パーキンソン病に認知症が出たら、レビー小体型認知症である。
 これをわかっていない医師は勉強不足である』

『パーキンソン病と認知症を伴うパーキンソン病、
 そして、レビー小体型認知症の原因はすべて同じであるから

 「レビー小体病」

 と呼ぶことは2005年、国際的に認められた』


小阪医師は初診時、2時間を費やして問診されるそうです。
MRIなどでは発見されにくい(初期の)レビーは問診が
第一と強くおっしゃっていました。



そして、どのような検査によって診断とするのが有効かなどの指針。

レビーのさまざまな症状の説明。

『レビー小体型認知症は、認知機能障害よりも一般的にいう
 周辺症状が先に現れることが多く、みなさん苦労されます』



後半には実際に小阪医師に治療していただいている患者さんと
そのご家族が3組紹介されました。

その中のお一人。
79歳の男性はわずかな認知機能の減退から、幻視が出現。
MMSEは19/30。

治療を開始して、1年後MMSEは30/30の満点。
気にならないほどの幻視はまだあるものの、いたって普通に
生活できているそうです。

先日は岩手まで一人で行き、同窓会に出席されたとか。

ご本人がマイクを持ち、「普通になりました」と。


背筋もしゃんと伸び、年齢的にありがちな言葉のつまりはあるものの
血色のいい、一人の老紳士がそこにいらっしゃいました。

会場からは大きな拍手。



小阪医師はパーキンソン病とレビー小体型認知症は兄弟だと訴えます。
そして、どれだけ早く治療を開始できるかが鍵であると。

『幻視があっても認知機能が落ちていないのなら「認知症」になる
 可能性を減らすことができる』

『MCI(軽度認知障害)の段階で係わることが重要』


早期発見、早期治療。
正しい診断、正しい治療。

レビー小体型認知症という呼び名ではなく「レビー小体病」という
呼び名が浸透すれば、もっと早くに病院へ連れて行くことが可能かも
しれません。

「レビー小体病には認知症になる可能性がある」

そういう言い方であれば、初期の段階でご本人も積極的にいろいろな
ことに取り組むかもしれないと期待できますし、ショックも少ない
でしょうし、家族にも考える時間ができると思います。



急ぎ足でしたが、質疑応答の時間がありました。

Q:診断できる病院はどう探したらいいですか?

A:私のミドリの本に載っていますし、支える会のHPでも検索
  できます。


Q:薬剤過敏で気をつける薬はありますか?

A:多分アリセプトのことをいっているのだと思うのですが…。
  少量投与のことですよね。
  
  私は治験に今参加していますが、ほとんどの方は3mg・5mg
  10mgと問題なく増量できています。
  確かにアリセプトが合わない方もいらっしゃいますが、10mgで、
  悪化した方でも5mgに戻せば問題ありません。
  そんなに神経質に気になさることはないと思います。

  抗精神病医薬には細心の注意が必要です。


Q:アリセプトとレミニールの違いはなんですか

A:ほとんど同じですが、レミニールのほうが広く効くと
  いわれています。
  ただ、そんなに効いている感じはないです。
  同じくらいですね。


Q:新しい、注射の薬があるとききました。

A:まだ治験段階のはずです。
  あと数年かかるでしょう。  



時間になり講演は終了。
最後に「レビー小体型認知症家族を支える会」会長の宮田さんが
挨拶されました。


************************


小阪医師はレジュメを来場者に配らないようなのですが、
多くのスライドは「第二の認知症~~」の中のことを
まとめたものですし、本の上梓記念講演なので当たり前ですが、
内容も本に書かれたことからですので、読まれた方にはそれほど
わかりにくいということはなかったと思います。

また、小阪医師もできるだけわかりやすい言葉を使われていて、
ゆっくりと話されたので、初めての方にもおっしゃりたいことは
伝わったのではないでしょうか。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村









みなさん、今日のラジオ放送お聞きになりましたか?

kuririnさんから元気がもらえたことでしょう。

動画でご覧になりたい方は、

レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会ホームページ へ。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村




御無沙汰してます。

bossです。

毎日新聞にレビー小体型認知症の記事が出ました。
ときおり、こうやって紹介されることで、みなさんに気がついてもらえること、
ほんとうに嬉しいことです。

そして、何よりも公平な目でレビーを取り巻く世界を観察し、記事にしてくださること、
これもレビー介護家族として、とても感謝しています。
Iさん、ほんとうにありがとうございました。

本人も家族も「治したい」「苦しみから解放されたい」と願い、
ついつい早急な答えを探そうとします。
先駆者だから、この先生じゃなくちゃ、だめ、治っている人がいるから、
この先生じゃなきゃだめ、この薬がいい、このサプリがいい、
そういうルートを早急に求めるだけではなく、とにかく
正しいレビーを知って欲しいと思います。

レビーを正しく理解することで、緩和されることがいっぱいあること、
希望が生まれること、絶望しなくていいこと、たくさんあるんです。

おしゃべり会の仲間も参加者もみなさん、感じていると思います。

残念ながら、タイミングが些細にずれてしまった方でも、おしゃべり会の
仲間と話すことで、心は支えられると信じます。

明後日は、今年最後のおしゃべり会、お待ちしております。

12月18日(日)12時から17時
東急東横線、東京よりの場所。
参加希望の方はメールにてご連絡を。
詳細をお知らせいたします。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村









ゆるりです。
講演に行ってきました。
走り書きしたメモをまとめた?ものなので、言葉は私の主観が含まれますこと
ご了承ください。


************


11月11日、せたがや介護の日に、聴講してきました。

「家族介護者支援を考える:講演と意見交換会」

変革の時を迎えた高齢者終末期の医療と介護

講師:石飛 幸三(世田谷区特別養護老人ホーム芦花ホーム常勤医師)

石飛先生は『「平穏死」のすすめ』の著者でもあります。
今回は、施設における職員の取り組みや入居者の最期、家族の思い、病院の意識、
胃ろうを安易に選択したあとの危険など、終末期についてお話くださいました。


芦花(ろか)ホーム(以下ホーム)はバブルの時代に、外国のナーシングホームをモデル
に作られた特別養護老人ホームで、入居者100名、ナース20人、常勤の医師が
いる、きわめて珍しい、鳴り物入りの施設だったようです。

しかし、介護保険制度が導入され、資金繰りに苦しみ、医療体制は徐々に崩れ、
石飛先生がホーム常勤医になったとき、ナースは半数以下に減っていたそうです。
しかも、そこには大勢の入居者さんが、胃ろうとなっていて、ナースは悲鳴をあげて
いたそうです。

ホームの入居者の平均年齢90歳・認知症9割
2割近くが胃ろう


●どこで最期を迎えたいか

本人は60%が自宅で迎えたい。
家族は60%が施設、30%が病院で迎えてもらいたいと考えている。
しかし現実は80%が病院で最期を迎える。

何故80%もいるのか。
80歳をこえた高齢者の4人に1人は認知症で、BPSDなどにより、自宅で看るのが
困難な場合が多い。

80%の人は胃ろうを望まないのに、80%の人は病院に誤嚥性肺炎などで入院すると
胃ろうになる。
病院は医療行為を受ける場所で、できうる技術があるのに行わないことに抵抗がある。

また、認知症の方は自己決定ができないので、家族が判断することになりますが、
「どんな状態でも生きていて欲しい」という思いは軽視できません。

家族も「生き延びる手立てがあるのに選択しない」ことは、抵抗があり、親戚に
顔向けできないと考える。


日本に寝たきりの高齢者は30万とも40万ともいわれている。
寝たきりの高齢者の胃ろうは諸外国ではあまり行われません。

なぜなら、諸外国では、今は動けなくても、栄養をつけ、リハビリなどで回復の認めら
れる患者にのみ胃ろうをすすめる。


回復の可能性がある場合は、胃ろうは有力なピンチヒッター。
しかし、胃ろうの約7割は(リハビリ理解できない)認知症高齢者の終末期につけられ
ている。


倫理の基本。
自分がしてほしくないことは、他人にもしない。
何故こうなるのか。
老衰の果てに、医療は必要か?
自然死を知らないだけなのではないか。


老衰の果て
命が終わろうとしている
延命処置が必要なのか
かえって苦しめていないか
何もしないとどうなるのか



「なにかがおかしい」

胃ろうになった患者さんは、よくなるどころか、誤嚥性肺炎を繰り返し、身体はむくみ、
胃ろうにしたら元気になるはずだったのに、ご本人を苦しめるだけになっている…。

毎日のように救急車の音を聞いていて、悩まれたそうです。
そして今までの医療の考え方では駄目なのだと気づいたといいます。

「何故こんな無様なことが起きて深みにはまっているのか」

そして、胃ろうが本当に必要か考えたそうです。
そんなとき、ある家族にであったそうです。



●「胃ろうはつけません。恩をあだで返すことになる」

ご主人は、病院で奥様に胃ろうの造設に断固として反対。
石飛医師は、その気持ちに衝撃を受け、「見殺しになりますよ」という病院の医師の
言葉を振り切り、「責任は私が」と、奥様をホームに戻されたそうです。

ホームの看護師、職員は大反対。
胃ろうをつけず、誤嚥をおこし責任問題になったら…。

しかし、ホームに戻り、ご主人が奥様に声をかけ、頬をさすり、口に指を入れ舌を
触ると、チュウチュウ吸い出しました。
そして、ご主人がゼリーを一口、口に運ぶと…ゴクンと飲み込みました。

見守っていた看護師・職員から大きな拍手が起こりました。

「空腹は最高のスパイス」


奥様は日に600cal(ゼリー2パック)を口から摂取され、1年半生きられたそうです。
この量は医学的に考えられない量だそうで、石飛医師も驚いたとか。

最期はぜりーをも受け付けず、水分も受け付けず、意識がなくなり、寝続けて寝続けて
身体の水分を尿としてしっかりだし、呼吸困難になることもなく、苦しむこともなく、
穏やかに安らかに旅立たれたそうです。



●胃ろうの問題点

終末期の方への胃ろうの問題点として、画一的な量を本人の体調を見ずして、
与えることにあると思います。

結果、誤嚥性肺炎をなくすための胃ろうで、逆流を起こし誤嚥性肺炎を繰り返す。
水分は大切と、どんどん与え、身体はむくみ、心臓に負担がかかり心不全を起こす。
胃ろうが、身体をいじめていることに気がつかない。

高齢者、寝たきりの方に、どれだけの栄養が必要か、実はわかっていません。
胃ろうにしたら、病院の役目はおわり、その後の責任の所在がはっきりしません。

胃ろうを選択したのなら、その後のケアにこそ責任を持たねばなりません。
相手は人間です。機械じゃない。入り口を作ったからと本人を見ずして、強制的に身体へ
過量に栄養をいれれば、身体が悲鳴をあげ、ご本人をより苦しませることになります。


胃ろうにしたら、個々の身体が欲する量、必要な量だけを差し上げます。
1000⇒800⇒600⇒400…(kal/日)

徐々に減量して、呼吸や痰の状態をみましょう。


胃ろうの方にこそ、口腔ケアは必要。
口から食べなくなると、唾液が減ります。
唾液が減ると、雑菌が増えます。
雑菌が増えると、誤嚥性肺炎をおこしやすくなります。


ホームでは口腔ケアを徹底したことにより、肺炎で亡くなる方が減りました。
入居者の平均年齢や介護度は変わらないのに。



●医療の限界

現在の医療に、胃ろうという食べれなくなっても、身体に栄養を与える方法がある限り
ソレをしないのは、いかがなものか。
医療側の論理:何もしないのは、負けを認めることになる

「死期が来た」とどうしてわかるのか。


死期は自然が決める
本人の状況がそれを示す
そもそも人間が決めるものではない

食べさせないから死ぬのではない、死んでいくから食べないのだ
(身体が死ぬ準備をしていく。細胞が少しづつその動きを止めていく。
だから受け付けなくなっていく)


胃ろうをつけずに静かに見守る
まだ食べるかも(身体が生きたいと欲する)

胃ろうをつけて心不全で亡くなる不条理
身体は溺れている

少し長く生きたとしても、QOL(生活の質)は?
認知症の方の胃ろう
病院に何故いるのかわからない恐怖
いつも間にか身体につけられた胃ろう
わからないから、取ろうとする
取ろうとするから、拘束される



胃ろうをつけずに、退院して数日で穏やかに亡くなったとしても
苦しまずに静かに旅立たせるのも、「正当な業務行為」ではないか。

老衰死:自然の摂理に従う
死を操作しない⇒胃ろうをつけない
が、罰せられるはずがない。

終末期において、回復する見込みがないのであれば、医師は治療する限界を知るべき。
また、家族も社会も、それを認める意識改革が必要である。


老衰末期の胃ろう
日本の医療、介護制度
その運用のひずみの中で生きている
そこに問題の悲惨さがある

大切なのは「死の瞬間だけではない」
看取りは入所の時から始まっている
入所者がどう生きたいか、家族とどうかかわってきたか
最期に結実する

「忘己利他」
自分のことを忘れて、他人を助ける

どう生きるのか、それが死に方に反映する





※意見交換会は実施されませんでした。



***************


うまくまとめられず、印象に残った言葉の羅列になってしまいました。
すみません。


レビーの方のご家族には「食べられなくなったら、死ぬ準備」といわれても、
こんなに元気なのに?と、受け入れられないと思います。
そう考える前に、やるべきことがたくさんあります。

ここで語られているのは、超高齢の方で認知症の型もわかりません。
一律にこうであるべきといっているわけではないので、言葉のままではなく、
選択肢の一つとして知り、個々の状態にあわせて、柔軟に考えればいいと思います。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。